ISID、自律移動ロボットを用いた「動く植栽」の公開実証実験を東京・新木場で実施

 株式会社電通国際情報サービス(本社:東京都港区、代表取締役社長:名和 亮一、以下 ISID)のオープンイノベーションラボ(以下イノラボ)は、高精度の自己位置推定技術(※)を用いた自律移動ロボットの公開実証実験を、2020年2月18日から21日まで東京・新木場で開催される植栽展示会「CONNECT」で実施します。

 本実証実験では株式会社グリーンディスプレイ(本社:東京都世田谷区、代表取締役:望月 善太)協力のもと、イノラボが開発したロボットアプリケーションを搭載した植栽プランターを、一般客が往来する展示会場で自律移動させる「動く植栽」の展示を行います。

 *参考画像は添付の関連資料を参照

■背景とねらい■

 近年、自律移動ロボットの開発や導入が世界中で活発に行われており、日本でもタクシーやバスなど自動運転の実用化を目指した様々な実証実験が進められているほか、ホテルや病院で人を介さずアメニティや医療品の運搬を行うといった、サービス分野のロボット活用も進みつつあります。

 このような状況を踏まえ、イノラボでは家具などの静物とサービスロボットの融合をテーマに、本来動かないものが自律的に動くことで、生活空間や景観に好ましい変化をもたらす可能性に着目した研究開発を進めており、本実証実験もその一環と位置付けています。

 *以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0529083_01.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0529083_02.pdf