車の後部座席にタブレットを設置できる車載ホルダーを発売。

 

 サンワサプライ株式会社(本社:岡山市北区田町1-10-1、代表取締役社長 山田和範)は、車の後部座席に7〜12.9インチのタブレット・スマートフォンを設置できる車載ホルダー「CAR-HLD12BK」を発売しました。

 *参考画像は添付の関連資料を参照

【掲載ページ】

 後部座席用タブレットホルダー CAR-HLD12BK

  http://sanwa.jp/pr/CAR-HLD12BK 

 「CAR-HLD12BK」は、車の後部座席に7〜12.9インチのタブレット・スマートフォンを設置できる車載ホルダーです。取り付けに工具が必要なく、車のヘッドレストに簡単に設置することができます。

 機器は座席の真後ろか後部座席の中央に設置することができ、見やすい位置にタブレット・スマートフォンを設置できます。一人でしっかり見るときは座席の真後ろに設置し、複数人で共有しながら見るときは真ん中に設置するといった、利用シーンに合わせた使い分けが可能です。

 ホルダーは角度調節が可能で、360°回転もできるので縦画面・横画面両方の取り付けに対応しています。

 本製品は7〜12.9インチのタブレット・スマートフォンに対応しています。機器が接する面にはクッションがついているので、使用時に機器にキズが付くのを防ぎます。また、厚さ17mm以下までの機器を挟むことができるので、手帳型ケースを装着したままタブレットやスマートフォンの取り付けが可能です。

 機器は挟み込み式で固定ができ、お子様だけでも簡単に設置することができます。機器を手で持たずに操作できようになるので、長時間のドライブの際に動画などの視聴が快適になります。

<CAR-HLD12BK>

【特長】

 ●車のヘッドレストに設置できる、車載ホルダーです。

 ●7〜12.9インチのタブレット・スマートフォンの幅広い機種に対応しています。

 ●機器の設置は2箇所から選択でき、座席の真後ろ、または後部座席の中央に設置することができます。

 ●工具不要で簡単に取付けできます。

<ご注意>

 ※対応機器以外の物を本製品に取り付けないでください。

 ※ヘッドレストの形状によっては取り付けできない場合があります。

 ※乗車、降車に支障が出る位置には取り付けないでください。

 ※過度の衝撃が加わった場合、ヘッドレストに衝撃を与える場合があります。

 ※本製品の脱落を防ぐため、ヘッドレストにしっかり固定されていることを毎回確認してご使用ください。

 ※シートのリクライニング状況やヘッドレストのポールの角度によっては、スマートフォンやタブレットを水平に固定できない場合があります。

【仕様】

 ■サイズ:ホルダーサイズ/約W50〜150×D52×H150〜247mm

 ■ブラケットバーサイズ/約W363〜568×D63×H49mm

  ※運転席と助手席の間に設置する場合の数値です。

 ■重量:約264g

 ■端末固定方法:挟み込み

 ■耐荷重:750g

 ■対応機種:幅もしくは高さが120〜230mm、厚さ17mm以下、重量750g以下のスマートフォン・タブレットなど

  ※取り付ける機器のエッジ形状によって、しっかりと固定できない場合がります。

 ■対応ヘッドレストシャフト:シャフトの直径10〜19mm、シャフト間距離/最大約175mm

 ※このリリースに記載の内容は、発表当時の情報です。

  仕様・価格・外見など、予告なく変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0529502_01.JPG