屋内の人の位置情報・移動履歴が一目でわかる法人向けクラウドサービス「Linkit(R) エリア探索」を提供開始

− 新型コロナウイルス対策向けに、「濃厚接触者特定レポート」を無料提供 −

 

 *ロゴは添付の関連資料を参照

 株式会社ACCESS(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:大石 清恭、以下、ACCESS)は、ビーコンを活用し、屋内の人のリアルタイム位置情報や過去の移動履歴が一目でわかる法人向けクラウドサービス「Linkit(R) エリア探索(リンクイット エリアタンサク)」を提供開始しました。併せて、本日、2020年5月25日から7月31日まで導入企業を対象に、新型コロナウイルス感染拡大防止策を支援するための「濃厚接触者特定レポート」を無償で提供いたします。

 新型コロナウイルス感染拡大に伴い、現在、多くの企業が政府からの要請を受けてテレワークなどのBCP対策を推し進めています。新型コロナウイルス感染終息までには長期戦が見込まれることから、企業には、段階的な経済活動再開後も“Withコロナ”時代を見据えた、社員が出社しながらも、事業を力強く成長させるための新たな働き方改革が求められています。

 「Linkit エリア探索」は、BLE(Bluetooth Low Energy)搭載の携帯型ビーコンと、院内や、オフィス、店舗、工場、倉庫など屋内の複数拠点に設置された専用ゲートウェイ(受信機)により、各社員のリアルタイムの位置情報や過去の移動履歴をクラウド上で記録・管理することを可能とするサービスです。各社員の位置情報の取得は小型で安価なビーコンと受信機で行うため、費用のかかるスマートフォンなどの高額な機器を支給する必要はありません。一人一人の社員の現在の居場所や過去の移動履歴が瞬時にわかることから、平常時の業務効率を高めるだけでなく、ウイルス感染拡大防止策にも有用です。

 *参考画像は添付の関連資料を参照

 「濃厚接触者特定レポート」は、過去2週間、感染が判明された社員が特定エリアに滞在した時間と、他社員の同様データをマッチングさせ、感染者との累積接触時間の多い順から濃厚接触者をリスト化して提供するサービスです。大規模な施設や、部屋数が多い職場、従業員が多い職場では、感染者確認後も一人一人の行動履歴を調査する労力が省け、感染の可能性の高い濃厚接触者を瞬時に見分けて通知するなど、迅速な対応へとつなげることが可能となります。感染力が高く、重症化することもあるウイルス感染拡大の防止対策として、有効なツールとなります。

 「Linkit エリア探索」は、現在提供中の、ビジネスチャット「Linkit(R)」、ビーコン打刻フリー勤怠サービス「Linkit(R) 勤怠」、GPS動態管理サービス「Linkit(R) Maps」の法人向けクラウドサービスのシリーズとして提供されます。各サービスは互換性が担保されていますので、いずれかのサービスを基本サービスとして、他サービスをオプションとして導入することも可能です。既にビーコン打刻フリー勤怠サービス「Linkit 勤怠」を利用中の場合は、同一のビーコンをそのまま利用できます。本シリーズのデータは全てのクラウドで一元管理されますので、どこからでも、どの端末(※1)からでも、閲覧し利用することができます。

 ACCESSは、先進のIT技術を駆使し、一日も早い新型コロナウイルスの終息を目指して、企業の新たな働き方改革の推進を強力に支援してまいります。

  ※1 「Linkit エリア探索」はPC画面でのブラウザ表示に最適化されており、スマートフォン/タブレット画面には未対応です。

 *以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

ロゴ

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0534527_01.jpg

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0534527_02.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0534527_03.pdf