DXを強力に推進するクラウドデータプラットフォームの提供を開始

 

 日鉄ソリューションズ株式会社(東京都中央区、代表取締役社長:森田 宏之、以下、NSSOL)は、クラウドデータウェアハウスのリーディング企業であるSnowflake Inc、次世代BIプラットフォームを提供するLooker、クラウドデータウェアハウスに特化したデータ連携ソリューションを提供するMatillion Limitedの3社とパートナー契約を締結しました。これらのサービスを連携させて大量データを効率的に統合・管理し、リアルタイムなビッグデータ分析を実現するクラウドデータプラットフォームとインテグレーションサービスの提供を開始します。

 現在、多くの市場で自社のデータとデジタル技術を活用し、既存業務の高度化や企業を跨いだエコシステム形成による新たなビジネス創出や生産性の向上など、DXビジネスの創出へ向けたチャレンジが行われています。これらの取り組みを成功させる鍵は、価値創出の源泉となるデータをいかに“素早く活用できる”状態にできるか、という点にあります。しかし、多くの企業では部門やシステム毎にデータの“蓄積”を目的として個別にシステムが構築されてきました。その結果、“活用”するための多数のI/Fがシステムを複雑化させ、インフラや運用管理のコストが増加することに加え素早くデータの試用・活用ができない状態を発生させ、企業にとってDXチャレンジの大きな障害となっています。

 速いスピードで変化を続ける市場でDXビジネスを迅速にスタートするためには、源泉となるデータの迅速な収集と活用とがカギになります。この度NSSOLが提供を開始するSnowflake・Looker・Matillionの組み合わせによるクラウドデータプラットフォームにより、“素早くデータが活用”できる状態を実現することが可能になります。

 1.オンプレミスやSaaSなどに散在しているデータをクラウド上へ迅速に統合し一元管理

 2.データ分析・可視化の実現など新しく優れた技術やサービスをすぐに利用・試行

 3.データ管理基盤の運用負荷を軽減し、柔軟性とスケーラビリティを持つ

 NSSOLはこのクラウドデータプラットフォーム提供を皮切りとしてお客様のデータエコシステムの基盤作りを実現し、データ活用の高度化によるDXの推進に向けた戦略的な取り組みをITの側面から支援致します。

以上

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0534772_01.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0534772_02.pdf