飲食店向け新サービス「Smart Menu」β版を本日公開

with afterコロナに来店客との接触回数を削減する電子メニュー化サービス

本日から期間限定無料提供スタート

 

 おいしい一皿が集まるグルメコミュニティアプリ「SARAH(サラ)」を運営する株式会社SARAH(本社:東京都、代表取締役:高橋洋太)は、本日2020年5月28日、飲食店向け電子メニュー化サービス「Smart Menu(スマートメニュー)」β版をローンチしました。本日より全国の飲食店向けに期間限定で無料提供を開始します。

 *参考画像は添付の関連資料を参照

■開発背景と「Smart Menu」の特徴

 新型コロナウイルス感染拡大をきっかけに客足が遠のき、全国規模で経営難に陥る飲食店が増加しています。先日緊急宣言が解禁され、休業していた飲食店も徐々に営業再開はしているものの、除菌の徹底や、お客さん同士の間隔を開けるなど、感染防止の工夫が求められています。

 そんな中で店舗に設置している、紙メニューが新たな感染源になる可能性が示唆されています。「Smart Menu」は従来の紙メニューを電子メニュー化することで、飲食店内でホールスタッフとお客さんの接触頻度を下げるだけでなく、来店したお客個人のスマートフォンで閲覧するため、紙メニュー使いまわさず、新型コロナウイルスの感染防止につなげることができます。

■「Smart Menu」発行〜使い方(飲食店側)

 特設WEBフォームもしくは電話からSmart Menu事務局にお問合せいただく

  ↓

 既存の紙メニュー画像と料理画像データを送付いただき、事務局で電子メニューを作成

  ↓

 電子メニューが閲覧できるQRコードを発行し、飲食店側にデータ、印刷したステッカー(郵送)を提供

  ↓

 電子メニューが閲覧できるQRコードを店舗の各テーブルに貼っていただく

 ※飲食店用申込フォーム

  https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSeLl3-DFCvngmgcAqgBEszt0NBZl02N5Exj6c4PMD1bjh4-cQ/viewform?usp=sf_link

■「Smart Menu」の使い方(お客側)

 来店

  ↓

 席についたらテーブルに貼られているQRコードをスマートフォンなどで読み込む

  ↓

 WEB上で電子メニューを閲覧できるので、食べたいメニューを選ぶ

 *以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0534773_01.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0534773_02.pdf