合流・90度曲がり小口径マンホールに対応!!スマートフォンで状態を確認

下水道管工事用パイプレーザー『TP-L6』シリーズを発売

 

 株式会社トプコン(本社:東京都板橋区、代表取締役社長:平野 聡)は、下水道などのパイプ埋設工事における施工効率や、仕上がり精度の向上を実現する6代目パイプレーザー『TP-L6』シリーズを発売します。

 近年マンホールの小型化に併せて、下水道管工事は小口径比率が増加しており、今回『TP-L6』シリーズでは、狭い空間でも容易に作業できる様全長250mmの小型化を実現しました。コンパクト且つ人間工学に基づいたデザインで、持ち運びや設置のみならず、バッテリーの交換など操作性を向上させました。更に、専用のスマートフォン用アプリケーションを使用する事で、マンホールの中に入ることなく、地上から機械の状態を確認でき現場での利便性を向上させます。

 パイプレーザーとは、下水道などのパイプ埋設工事の基準となる方向と勾配を可視光レーザービームによって指し示すことで、従来レベルとセオドライトを用いて行っていた丁張りや水糸の設置、点検測量作業を不要とし、作業効率を向上させる測量機器です。

 ※参考画像(1)は添付の関連資料を参照

【主な特長】

■コンパクトで人間工学に基づく機能的なデザイン

 合流・90度曲がり小口径マンホールが普及するなか、『TP-L6』シリーズは下水道工事の動向に合わせ全長250mmの小型デザインで、深く狭い場所でも容易に設置できます。また、設置したままバッテリー交換が可能なことや、片手で持てるハンドルの形状や角度など、ユーザーの使い勝手を考え人間工学に基づいた機能的なデザインとなっています。

 ※参考画像(2)は添付の関連資料を参照

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像(1)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0534795_01.jpg

参考画像(2)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0534795_02.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0534795_03.pdf