ハンズオン型デジタルマーケティングブティックのストロボ

美容・ヘルスケア領域に関わる高い専門性をリモート体制にて担保する

美容・医療領域特化型 有識者・専門家オンライン取材・インタビューコンテンツ制作・運用サービス

〜医療広告ガイドラインを熟知した専門体制による業界トップクラスの運用制作で提供〜

 

 企業のデジタルトランスフォーメーション支援事業及びベンチャー投資育成事業を展開する株式会社ストロボ(以下、当社/東京都・港区 代表取締役 下山哲平)は、アフターコロナ(Withコロナ)時代における美容・ヘルスケア領域のコンテンツ作成においても、医療広告ガイドラインを熟知した専門体制による業界トップクラスの運用制作で提供し、美容・医療領域に関わる高い専門性をリモート体制にて担保する「美容・医療領域特化型 有識者・専門家オンライン取材・インタビューコンテンツ制作・運用サービス」を開始いたします。

■「美容・医療領域特化型 有識者・専門家オンライン取材・インタビューコンテンツ制作・運用サービス」の立ち上げの背景

 医療や美容領域に関する情報発信には正確性や関連法への遵守性が高いレベルで求められるようになっています。2018年6月に施行された「医療広告ガイドライン」には、医療機関のWebサイトや、医療機関情報を取り扱うメディアにおいても幅広く情報発信内容に対する制約事項が設けられました。しかし「医療広告ガイドライン」への適合ができないために、正しい広告活動が出来ずに困っている医療機関も少なくありません。また、ガイドラインに違反していた場合の風評被害も大きいため、自由診療に注力している医療機関にとって、「医療広告ガイドライン」に適合したコンテンツづくりは非常に重要な経営課題とも言えます。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0534845_01.pdf