SAS、高度なアナリティクスと機械学習を通じて健康なミツバチの個体数を増大

世界ミツバチの日を祝して、ミツバチを監視、保護、保全するための3つの革新的プロジェクトを発表

 

 アナリティクスのリーディング・カンパニーである米国SAS Institute Inc.(以下SAS)は、世界の最も差し迫った問題の解決にデータとアナリティクスを使用する取り組みの一環として、食用作物における世界最大の花粉媒介者であるミツバチの保全を支援しています。全世界でミツバチのコロニー数が大幅に減少する中、SASはIoT( https://www.sas.com/en_us/insights/big-data/internet-of-things.html )、機械学習、ビジュアライゼーションなどのテクノロジーを用いて、健康なミツバチの個体数を維持するために貢献しています。

 SASは「世界ミツバチの日(World Bee Day,5/20)」を祝して、テクノロジーにより全世界の花粉媒介者の個体数を監視、追跡、改善する3つのプロジェクトを明らかにしています。1つ目は、聴覚データと機械学習アルゴリズムを通じて巣箱の状況をリアルタイムで監視するために、SASの研究者が非侵襲的な方法を開発しています。2つ目は、世界のミツバチの個体数データを視覚化し、保全に向けた最適な方法を理解するために、アパラチア州立大学と協力してWorld Bee Countに取り組んでいます。3つ目は、最近のSAS(R)Viya(R)Hackathonの勝者が、機械学習を通じてミツバチのコミュニケーションを解読しました。これは、ミツバチの食料へのアクセスを最大化して人間の食糧供給を拡大させることを目的としたものです。

 SASのCOO兼CTOであるオリバー・シャーベンバーガー(Oliver Schabenberger)は、次のように述べています。「当社は常に、テクノロジーを用いて世界を向上させる方法を探しています。ミツバチの個体数の保全は、私たちのエコシステム、ひいては私たちの食糧供給にとって極めて重要な課題です。この課題に対し、高度なアナリティクスと人工知能をミツバチの巣の健康に役立てることは、社会としてより良い試みといえるでしょう。」

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0534860_01.pdf