アクロニスとA.S.Roma、オフィシャルAIパートナーシップ締結を発表

 

 ※本リリースは2020年5月28日にスイス・シャフハウゼンで発表されたプレスリリースの抄訳です。

 サイバープロテクション( https://www.acronis.com/ja-jp/cyber-protection/ )のグローバルリーダーであるアクロニス( https://www.acronis.com/ja-jp/ )は本日、イタリアのプロサッカークラブであるアッソチアツィオーネ・スポルティーバ・ローマ(以下、AS ローマ)とオフィシャルAIパートナーシップの締結を発表しました。この契約に基づき、アクロニスは、サッカー関連のあらゆるデータを処理して、各試合やビジネスオペレーションを最適化する人工知能(AI)、及び機械学習(ML)ソリューション、更に同組織のミッションクリティカルなワークロードを対象としたサイバープロテクションソリューションを提供していきます。

 ASローマの最高執行責任者であるフランチェスコ・カルボ氏(Francesco Calvo)は、このパートナーシップの重要性について自身の見解を述べています。「プロスポーツとしてサッカーは常に進化しており、試合で勝利を収める為には、これまで以上にデータに依存が必須の時代に突入しています。しかしその反面、重要なデータを収集し活用することは、これまでより多くのリスクを伴います。今回、アクロニスと締結したこの提携は、収集したデータの分析と品質の向上だけでなく、データの保護にも役立つ提携となります。アクロニスと#CyberFitな関係性を築くことを楽しみにしています。

 AI/MLテクノロジーは、今回のパートナーシップ締結の主な要因となっています。それは、データ分析に適用されるだけでなく、ASローマが自社システムを保護するために利用する数多くのソリューションの中核部分としても機能していきます。

今回のような、AIを活用したデータ保護とサイバーセキュリティ機能を統合したソリューションこそが、Acronis Cyber Protectそのものであると言えます。企業がサイバー攻撃の脅威やデータ損失から身を守るために必要なもの、すなわち、バックアップとリカバリ、マルウェア対策、セキュリティ管理などは全て、単一のコンソールで管理することができます。

 アクロニスのシニアバイスプレジデント、ヤン-ヤープ・ジェイガー(Jan-Jaap Jager)は、アクロニスにASローマを引き寄せた主な要因を次のように述べています。「組織がマルウェア防御、バックアップなどの対策として個別のベンダー製品を組み合わせた製品を適用すると、サイバー犯罪者に攻撃される可能性のあるギャップが生じます。Acronis Cyber Protectは、ASローマのような組織が、自組織が持つデータの安全性を周知し安心しながら、日常業務におけるシステム上の混乱を最小限に留められることを保証します。アクロニスはまた、ASローマのデータ保護だけでなく、その分析にも取り組んでいます。AI/MLテクノロジーは、特にイタリアが新型コロナウイルス感染からの回復するにつれて、チームのバックオフィスとピッチで同クラブの支えとなることでしょう。」

 アクロニスは、世界中のパートナーやお客様が、ワークロードの安全性、アクセシビリティ、プライバシー、信頼性、セキュリティ(SAPAS)( https://www.acronis.com/ja-jp/cyber-protection/ )に対応できるよう支援しています。アクロニスはまた、新型コロナウイルス感染症の発生時に組織や個人の在宅勤務時のワークロードの確保に役立っています。

 Acronis #CyberFit Sportsパートナーシップについての詳細は、 https://acronis.sport

 *以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0534879_01.pdf