eレーシングの世界大会

「Logicool McLaren G Challenge 2020」を開催

6月1日(月)より『PROJECT CARS 2』でオンライン予選開始

 

 ゲーミングデバイス市場における世界のリーディングカンパニーLogitech Internationalの日本法人、株式会社ロジクール(本社:東京都港区、代表取締役社長:笠原 健司)は、レーシング技術とラグジュアリーかつハイパフォーマンスなスポーツカーで知られるMcLaren Racingとともに「Logicool McLaren G Challenge 2020」(以下、「G Challenge」)の開催を発表し、オンライン予選の受付を開始しました。

 ※ロゴは添付の関連資料を参照

 「G Challenge」はeレーシング界を盛り上げるために誕生した世界最大規模の大会です。3回目となる今回はマクラーレンとパートナーシップを結び、アメリカ、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア・パシフィックの4地域、35か国で行います。競技タイトルには、リアルなドライビング体験を追求して世界的な大ヒットとなっている「PROJECT CARS 2」を採用しています。

 オンライン予選は各6週間の2シーズン制で行われ、毎週行われるタイムトライアルとシーズンポイントで順位を競います。各シーズンの上位者は、各地域で行われるリージョナル・ファイナルへの出場権が与えられます。日本からの通過者は秋頃に開催されるアジア・パシフィック地域のリージョナル・ファイナルに進みます。そしてリージョナル・ファイナルの通過者は、グランドファイナルへの切符を手に入れることができます。なお、リージョナル・ファイナルとグランドファイナルの出場に伴う旅費は支給される他、副賞が授与されます。

 優勝者にはロジクールGのデバイスと、マクラーレンの舞台裏を知るイギリス・ロンドンへの招待旅行が贈呈されます。マクラーレンテクノロジーセンターの見学やマクラーレンF1ドライバーのランド・ノリス氏による指導、マクラーレンのスーパーカーの運転、F1イギリスグランプリ 2021でのVIP体験が含まれます。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

 “Play at Home”で注目されるeスポーツの中でも、eレーシングはリアルとバーチャルの垣根が低く、親しみやすいジャンルです。ハンドルコントローラーを用いれば、実際にレーシングカーを運転するのと同じような感覚を自宅で楽しむことができるとともに、競う相手をインターネット上で見つけることもできます。レーシングカーの用意やサーキットに出掛ける必要はなく、ゴールに一番早く着いた人が勝つという勝敗のわかりやすさも魅力です。

 日本のeレーシングは、国体での種目採用や自動車関連企業の主催・協賛によるeレーシングイベントの増加など成長段階です。一方で、世界を見渡すとeレーシングは既に一定の人気を得ており、eレーシングのプロチームが活躍していますし、eレーシングからリアルレースに転向した選手もいます。

 ロジクールは今後もデバイスやイベント開催などを通じて日本のeスポーツ界の更なる発展を応援します。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

ロゴ

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0534891_01.jpg

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0534891_02.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0534891_03.pdf