さくらのレンタルサーバ、新機能「コンテンツブースト」提供開始

〜CDNと数クリックの簡単操作で自動連携、ウェブサイトをより高速かつ安定した表示に〜

 

 インターネットインフラサービスを提供するさくらインターネット株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:田中 邦裕)は、2020年6月10日(水)より、CDN(※1)とさくらのレンタルサーバ/マネージドサーバを自動連携し、ウェブサイトを高速で安定して表示できる「コンテンツブースト」機能の提供を開始いたします。

 *参考画像は添付の関連資料を参照

 「コンテンツブースト」機能とは、CDNサービスを数クリックの簡単操作で利用開始できるサービスです。当社で提供するCDNサービス「ウェブアクセラレータ」と連携し、利用に必要なサーバー設定などが自動で行われます。CDNサービスは利用にあたり、ウェブサーバーやネームサーバー(DNS)の知識が求められるため、スキルや経験のあるエンジニアでないと設定が難しい側面がありましたが、当機能を利用すると、これらの設定が自動で行われるため、手軽に活用することが可能です。

 「コンテンツブースト」機能を利用することで、さくらのレンタルサーバ/マネージドサーバ上で運営されているウェブページの表示が高速化されます。

 さらに、CDNを経由することでリソース制限がかかりにくくなるため、アクセス集中による503エラー、504エラーに起因したウェブサイトが表示されない状態を回避できます。

 さくらインターネットは「『やりたいこと』を『できる』に変える」の理念のもと、より便利なサービスの拡充に努め、今後もお客さまのビジネスの発展に貢献できるインターネットインフラサービスの提供を目指してまいります。

 ※1CDN(Content Delivery Network)とは

  オリジンサーバー(お客さまが利用するサーバー)のデータをCDNサーバーへとキャッシュし、データの配信を肩代わりする技術です。

  大量データ配信に特化しており、大量配信用の広帯域回線、高負荷に耐えられるハイスペックなサーバーを複数用いています。CDNは、主にテレビ局や天気予報サイトなど、大量のアクセスを処理する必要のある大規模商用サイトで利用されています。

 *以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0535166_02.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0535166_03.pdf