ハイパースペクトルカメラ「hsi SMART-1D-VIS」

データ処理ソフト「fluxTrainer」をバンドルして販売開始

〜見えないものを見える化する、高付加価値の最先端技術を提供〜

 

 キヤノンマーケティングジャパングループのキヤノンITソリューションズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:金澤明、以下キヤノンITS)は、LuxFlux社(本社:ドイツ ロイトリンゲン、CEO:Jan Makowski)のハイパースペクトルカメラの提供を2020年6月上旬から開始します。

 *ロゴ・製品画像は添付の関連資料を参照

 近年、製造ラインにおける製品検査では高い技術が要求され、特に対象物が繊細で緻密な調剤や食品加工、半導体製造においては製造途中の品質管理に多くの課題を抱えています。

 キヤノンITSはこの課題を解決するために、昨年末LuxFlux社製ハイパースペクトルデータ処理ソフトウェア「fluxTrainer」を販売開始しました。一般的な用途である不良部の選別、あるいは混入異物などの「分類」に加え、薄膜の厚さや薬や食品など対象の成分量を「測定」できるという特徴を生かして、製品検査の速度と精度を向上することができます。現在はセミコンダクタ業界やフィルムなどの素材業界を中心に、広く活用いただいております。

 この度、同ソフトウェアを多くのお客さまにご活用いただくため、開発環境「fluxTrainer」をバンドルしたハイパースペクトルカメラ「hsi SMART-1D-VIS」の販売を開始します。同製品は、豊富なサンプリング画素数を持つ産業用途の小型軽量カメラで、高速かつ汎用的なUSB3.0インターフェースを採用し、レンズはフレキシブルなC-mount対応でレンズ交換が可能です。

 これまでハイパースペクトルイメージング技術は多数の波長を利用できるため、従来のRGBカラーカメラで撮影するより多くの情報を取得できることで、さまざまな分析や研究用途に用いられてきました。

 そのため、日本のハイパースペクトルカメラ市場は大学・研究開発向けが中心でしたが、今後は産業向け市場において世界を上回る年間 20%以上の伸び(※1)が予測されています。

 こうした背景を踏まえて、キヤノンITSは生産現場から絶えず送出される膨大なデータをインラインで処理するLuxFluxのソフトウェアを軸に、ハイパースペクトルイメージングによる課題解決を積極的に行っていきます。また、先進的かつ実績あるマシンビジョンシステム製品(※2)をフル活用して、付加価値の高い最先端技術を用いたソリューションを提供し続けることで、お客さまのビジネスの発展に貢献していきます。

 (※1)出典:株式会社富士経済調査「2018画像処理システム市場の現状と将来展望」

 (※2)マシンビジョンシステムは、産業用カメラ、産業用パソコン、画像入力ボード、画像処理ソフトウェア、さらにカメラと処理エンジンが一体型したスマートカメラなどが含まれます。

 *以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

ロゴ

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0535297_01.jpg

製品画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0535297_02.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0535297_03.pdf