オージス総研、DX実現支援コンサルティング/研修コースの提供を開始

〜高付加価値創出モデル「OGIS-Creation Style」〜

 

 株式会社オージス総研(本社:大阪市西区、代表取締役社長:中沢 正和、以下オージス総研)は、独自モデル「OGIS-Creation Style」をベースにしたDX実現支援サービスの提供を開始しました。DX支援のコンサルティングサービスと併せて、DXの実行に必要なスキルと進行方法を実践的に学べる複数の研修からなる「高付加価値DXの実現に向けた実践コース」を提供し、オープン研修を7月から東京・大阪にて順次開講します。

 ヒトや社会、プロセスにダイナミックな変革をもたらすDXを実現するためには、顧客の新しい価値の発見とその検証によって高い付加価値を創出するモデルが求められます。オージス総研は、独自のモデル「OGISCreation Style」をベースに、新しいサービスや製品の創造と成長、DX人材の育成に取り組んでいきます。

■高付加価値創出モデル「OGIS-Creation Style」

 ※添付の関連資料を参照

 「OGIS-Creation Style」は、デザイン思考をベースにした顧客の本質的な「価値発見」と、頻度高くクイックな「価値検証」を繰り返し行うことで、インパクトの大きい改革へとつなげていくモデルです。デザイン思考とアジャイル開発を別々のチームで行うのではなく、企画と開発が一体となったプロセス・体制で進めていくことが重要となります。

 オージス総研では、積み重ねてきたデザイン思考・行動観察による新価値創造の実績、アジャイル開発の導入実績を活かし、「OGIS-Creation Style」をベースにしたDX実現のコンサルティングを提供いたします。

 ・DX支援コンサルティングサービス( https://www.ogis-ri.co.jp/product/s104781.html )

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

■高付加価値創出モデル「OGIS-Creation Style」

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0537068_01.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0537068_02.pdf