日本ティーマックスソフト、旭川保健医療情報センター(AHMIC)と協業。

AHMICの健診システム「MeXam(めざめ)」にTmaxSoftのRDBMS「Tibero(ティベロ)」を採用!

〜低価格で高品質、保守体制に優れたTibero搭載の健診システムにより、AHMICが事業視野を全国に拡大〜

 

 リホスト・ソリューション、各種ミドルウェア等のプロバイダである日本ティ—マックスソフト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:早水 光祥、以下 TmaxSoft)は、保健医療福祉の情報システム構築に取り組む、旭川市の第三セクターである株式会社旭川保健医療情報センター(本社:北海道旭川市、代表取締役社長:永田 哲夫、以下 AHMIC)と協業を開始いたしました。AHMICが提供している健診システム「MeXam(めざめ)」のDBエンジンとして、ティーマックスソフトのリレーショナル・データベース管理システム(RDBMS)(※1)「Tibero(ティベロ) RDBMS」(以下、Tibero)を搭載し、新たに提供されることとなりました。

 健診システム「MeXam(めざめ)」は、病医院や健診センター等で実施される人間ドックや事業所健診等の受診者管理から、予約/受付、結果処理、請求/入金管理に至るまで、健診業務を総合的に管理するシステムです。法定健診、日帰り/宿泊ドックはもちろん、有機溶剤などの特殊健診、各種がん検診、電子請求が必要となる特定健診、協会けんぽ生活習慣病予防健診など、多種多様な健診コースに対応し、導入先の医療・健診機関において、健診コースの管理がシンプルに行え、各種助成制度を組み合わせて行う健診にも対応可能です。

【Tibero採用の背景について】

 健診システム「MeXam(めざめ)」は、その柔軟性と簡便な操作により、北海道内の医療・健診機関を中心に導入が進んでいます。

 健診業務をトータルサポートしながら、個人健診、事業所健診のいずれにも対応可能で、特定健診や協会管掌健診の請求処理も万全、しかも、柔軟な帳票カスタマイズ性を実現する健診システムとして、ユーザーに信頼され、継続利用されています。

 しかし、これまで比較的規模の大きなユーザーが主でしたが、将来において更なる販売拡大を目指すためには、中小規模ユーザーへの展開が不可欠であり、より安価な製品開発が必要と位置づけ検討を重ねました。その結果DBエンジンの低廉化に着目し、オープンライセンスのデータベースの採用も含め多岐にわたる選考を重ねる中で、業界標準であるOracle DBとの高い互換性を持つ高性能な商用DBであるTmaxSoftの「Tibero」を、既存DBからの移行性が高く、必要な機能も十分備わっていると結論を得ました。

 それにより、使用できるDBを、業界標準DBとTiberoから選択可能としたシステムを作り上げることに成功しました。

【TiberoへのDB移行について】

 この結果を踏まえてAHMICでは、中小規模ユーザー向け「MeXam(めざめ)」のTibero対応版を整備しました。開発プラットフォームとの兼ね合いで発生した懸案事項も、TmaxSoftと連携し開発支援を受けることで、大きな非互換機能開発もなく問題なくクリアされました。また性能についてもTmaxSoftが技術協力を行い従来のDB使用時と同等性能を提供できるようになりました。

【Tibero搭載により、地域医療市場だけでなく、全国市場へと事業視野を拡大】

 「MeXam(めざめ)」はTiberoを採用することで、これまで同様にお客様の予算規模に適した価格と、優れたコストパフォーマンスを継続して提供できることになりました。今後AHMICでは、北海道のみならず、全国規模の市場へとユーザーを拡大していくことを考えています。またTmaxSoftは安定した価格体系を維持しつつ、現場の声に応える柔軟で多様なライセンス体系と技術力で、各種医療システムの安定供給への支援をしてまいります。

 *以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0537208_01.pdf