スマホで簡単!二次元バーコードから無線接続!

−無線LANアクセスポイント製品のファームウェアをバージョンアップ−

 

 アライドテレシス株式会社(本社 東京都品川区、代表取締役社長 大嶋章禎)は、無線LANアクセスポイント製品のファームウェアをバージョンアップし、新ファームウェア「Ver. 6.0.1-2.1」の当社ホームページからのダウンロードサービスを7月7日より開始しました。

 ※参考画像(1)は添付の関連資料を参照

<ファームウェア「Ver. 6.0.1-2.1」で拡張した主な機能>

■二次元バーコードから簡単に無線LAN接続

 無線LANアクセスポイントの簡単設定画面からスマートフォンやタブレットPCのカメラ機能で読み取り可能な二次元バーコードを発行する機能を新たに搭載しました。

 これにより、無線LAN接続設定を二次元バーコードとして発行、プリントアウトして掲示することで、バーコードリーダーで読み取って簡単に接続することができるようになり、フリーWi-Fiの案内表示などとして活用できます。

 ※参考画像(2)は添付の関連資料を参照

■セットアップも簡単に

 製品出荷時に貼り付けられた二次元バーコードを読み取って接続し、無線LANアクセスポイントの設定画面を表示して無線LANのセットアップを簡単に実施できます。有線・無線の接続設定、セキュリティーの設定も一括で行うことができるので、無線の設定が初めての方や専門知識がない方でも簡単に設定や変更をすることができます。

 例えば、社内でセキュリティー強化のために定期的に設定を変更したいといった場合や、病院や商業施設などでパスワードを定期的に変更してフリーWi-Fiを提供したいといった場合におすすめです。

 注)本機能はAT-TQ1402、AT-TQm1402が対象です。また、二次元バーコード付きの製品はリリース予定となります。

 追加・拡張したその他の機能や詳細につきましては、各製品の「ファームウェア(ファームウェア改版履歴)」をご覧ください。

 https://www.allied-telesis.co.jp/products/list/wireless/index.html

<バージョンアップ対象無線LANアクセスポイント製品>販売中

 AT-TQ5403

 AT-TQm5403

 AT-TQ5403e

 AT-TQ1402

 AT-TQm1402

 ※参考画像(3)は添付の関連資料を参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像(1)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0537236_01.png

参考画像(2)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0537236_02.png

参考画像(3)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0537236_03.png