NSW、新しい店舗づくりをサポートする「電子棚札ソリューション」を販売開始

〜最新リテールテックにより、店舗運営の効率化と省人化を実現〜

 

 ITソリューションプロバイダのNSW(日本システムウエア株式会社、本社:東京都渋谷区、代表取締役執行役員社長 多田 尚二)は、流通・小売事業者向けに無線通信技術と電子ペーパーを活用した「電子棚札ソリューション」を本日から販売開始します。

 「電子棚札ソリューション」は、既存の値札を電子棚札に置き換えることで、価格変更の一括制御や価格を変動させるダイナミックプライシングを実現し、効率的かつ機動的な新しい店舗作りをサポートするデジタルソリューションです。

 棚札を電子化することで、コロナ禍において店舗内従業員の人数に制限がかかる中、人手のかかる値札の貼り替え作業負荷とコストの削減が可能です。さらに電子棚札を店頭の新たな情報デバイスとして、カメラなどの各種センサーとの連携やデジタルマーケティングへの活用など多くのメリットが見込めます。

■電子棚札ソリューションの特長

 (1)信頼性:グローバルで豊富な導入実績のある電子棚札を採用。お客様の店舗規模に応じて柔軟な電子棚札システム設計を可能とします。

 (2)拡張性:当社のAI技術を活用し、販売状況などに応じて価格を変動させるダイナミックプライシングを実現します。

 (3)保守性:流通・小売業向けシステムの長年の業務ノウハウを生かし、最適な店舗展開やシステム運用・保守までをトータルでサポートします。

■電子棚札ソリューションのシステムイメージ図

 *参考画像は添付の関連資料を参照

 今後NSWでは、「電子棚札ソリューション」と家電量販店やドラッグストアへの導入実績が豊富なPOSパッケージ「GADGET STORE」をはじめとする流通・小売業向け商材との連携により、お客様業務のデジタル変革に貢献してまいります。

以上

■関連リンク

 ・電子棚札ソリューション

  https://esl.nsw-retail.jp/ 

 ・プラグイン・フレームワーク構造型POSパッケージ「NSW-GADGET STORE」

  https://www.nsw.co.jp/solution/detail.html?ssid=gadget_store 

 ※本ニュースリリースに掲載している情報は、発表日時点のものです。

 ※各社の社名、製品名およびサービス名は、各社の商標または登録商標です。

■NSW(日本システムウエア株式会社)について

 1966年創業。製造や流通など業種対応のシステム構築、ITインフラ設計・運用、自社データセンターを基盤としたクラウドサービスなどをワンストップで提供します。また、車載や通信・設備分野における組込みシステム開発とLSIやボードの設計開発も手掛けています。これらの実績を生かしたIoT・AI分野に注力し、IoTプラットフォーム「Toami」を軸とした各ソリューションやサービス提供により、お客様のDX・デジタル変革実現を先導する企業を目指します。

 詳細は https://www.nsw.co.jp/ をご覧ください。

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0537340_01.JPG