TIS、マルチクラウド管理とセキュリティ対策を備える運用プラットフォームを提供

〜クラウドベンダーごとの仕様の違いを吸収し統合的な管理を実現〜

 

 TISインテックグループのTIS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役会長兼社長:桑野 徹、以下:TIS)は、マルチクラウド管理とセキュリティ対策を兼ね備え効率的なクラウド運用を実現する「エンタープライズ・クラウド&セキュリティプラットフォーム」(以下:本プラットフォーム)を提供することを発表します。

 本プラットフォームは、マルチクラウド環境の運用とセキュリティ対策を単一の管理基盤で行える運用プラットフォームです。「構成管理機能」「運用管理機能」「セキュリティ管理機能」の3つの機能で構成され、「アマゾンウェブサービス(AWS)」や日本マイクロソフトが提供するクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」などクラウドベンダーごとのユーザインターフェースやサービス仕様の違いを吸収し、統合的な運用管理を可能にします。

 「ルールや仕様が異なる複数のクラウドサービスを利用しているため、運用面に課題がある」「人材・スキル不足のため、複数クラウドの運用が困難」「クラウドを活用したいが煩雑なセキュリティ製品の運用管理に不安を抱える」などの企業は、本プラットフォームを活用することで統合的なクラウド運用とセキュリティ対策が実現できます。

<「エンタープライズ・クラウド&セキュリティプラットフォーム」の全体像>

 ※添付の関連資料を参照

 TISでは、本プラットフォームを「クラウド&セキュリティ」をコンセプトとした事業ブランド「Platform Square」の一つとして提供し、2025年までに30社の導入を目指します。

 また、リモートアジャイル開発機能の拡張やCSマークに準拠したプラットフォームの提供、セキュリティプリセットや運用サービス、ITSM準拠の運用ポータルなどを本プラットフォームに今後追加していく予定です。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

<「エンタープライズ・クラウド&セキュリティプラットフォーム」の全体像>

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0537404_01.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0537404_02.pdf