ユニアデックス、農林水産省スマート農業実証プロジェクトに採択

〜IoTデータ活用を通じた持続可能な養豚繁殖モデルの構築を目指す〜

 

 ユニアデックスは、産学官連携で提案を行った「IoTデータ活用を通じた持続可能な養豚繁殖モデルの実証」が、農林水産省の公募事業「令和2年度スマート農業実証プロジェクト」に採択され、実証を開始します。

 本実証プロジェクトは、養豚業の中でも特に作業難易度が高く、出荷頭数への影響が大きい繁殖作業の最適化を図るだけでなく、作業効率化・防疫対策の観点からロボットなどの最新技術を活用することで作業員のプロセスを自動化し、持続可能な養豚経営支援のモデル化を目指します。

 ユニアデックスでは本実証プロジェクトの経験を生かし、デジタルトランスフォーメーション(DX)を通じて、SDGsが目指す社会の実現に向け、社会課題解決につながる取り組みを推進していきます。

■背景

 ユニアデックスでは、2017年度から共創パートナー(注1)とともに、現場でのIoT活用シナリオを立案・具現化する共創活動を行ってきました。その中で、阿波の金時豚で有名な納田牧場(徳島県)の協力の下、養豚業におけるデジタル化への取り組みを開始しました。その後、2019年度から本取り組みに賛同する研究機関とともに、持続可能な養豚経営に向けた産学官共同研究を行ってきました。

 豚肉の国内需要は、30年前と比較すると約30%増加をしているにも関わらず、国内生産量は約20%減少しています(注2)。食の安心安全の観点から、国内生産の需要は今後も増加していくと考えられており、生産量の維持拡大に向けた仕組みづくりが求められています。しかしながら、中小農家では経営者の高齢化や後継者不足、大規模農家では生産性の維持と労働力の確保が難しく、課題となっています。これらの課題解決のためには、働き手の技術レベルに依存しない生産体制の整備が急務となり、養牛・養鶏と比べて遅れていると言われている養豚業のデジタル化への取り組みが重要となります。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0537421_01.pdf