ネットワールド、20ユーザーから利用可能な「Networld Frontier DaaS」を提供開始

導入前後のコンサル/技術サポートを完備し中堅・中小企業が簡単・迅速・安価にリモートワーク変革可能に

 

 ITインフラのソリューション・ディストリビューターである株式会社ネットワールド(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 森田 晶一)は、働き方改革の推進に不可欠な仮想デスクトップ環境のクラウドサービス「Networld Frontier DaaS」を、本日7月10日より、全国のパートナー各社を通じて提供開始します。

 「Networld Frontier DaaS」は、20ユーザーからの小規模導入が可能で、導入前のコンサルティングや導入支援、導入後のテクニカルサポートを充実させており、新型ウイルスの影響によるテレワーク対応を緊急課題としながら、情報システム担当者が不在または不足がちな中堅・中小企業でも、簡単・迅速・安価に利用できるのが特長です。また、アンチウイルス、バックアップなどの各種ソフトウェア導入支援、SD-WANやEDR(Endpoint Detection and Response)などとの組み合わせ構築サービスなど豊富なオプションサービスを用意しています。

 ネットワールドは、Microsoft Windows Virtual Desktop、VMware Horizon(R) Cloud Service、Citrix CloudなどのパブリッククラウドベースのDaaSに加えて、新たな選択肢を提供することで、お客様にとって最適なワークスタイル変革の実現をご支援します。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

■新サービス提供開始の背景

 働き方改革や新型ウイルスの影響によるテレワーク制度の本格導入に注目が集まる中、業務デスクトップ変革が必要不可欠ですが、オンプレミスで構築するVDI(仮想デスクトップ)よりも導入のハードルが低いクラウドベースのDaaS(Desktop as a Service)を検討するお客様が増えています。DaaSにはVDIと同様に、管理の集約化やセキュリティ対策などのメリットがありますが、主に大規模企業を対象としたサービスが主流で、中堅・中小企業にとっては最小契約数や個別のカスタマイズ費用がボトルネックになっています。また、使用状況に応じた毎月の請求額は、初めてDaaS導入を検討する企業にとっては予算化のハードルになっています。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0537487_01.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0537487_02.pdf