デル、個人向けデスクトップパソコン「XPS デスクトップ」を販売開始

—最新の第10世代インテル(R)Core(TM)プロセッサーにより、負荷のかかるタスクでも高いパフォーマンスを実現—

 

 デル株式会社は、個人向けデスクトップパソコン「XPS デスクトップ」を本日より販売開始します。「XPS デスクトップ」は、高い拡張性を備えたシンプルなデザインに第10世代インテル(R)Core(TM)プロセッサーを搭載した圧倒的なパフォーマンスを実現するパワフルなデスクトップパソコンとして、ハードウェアに負荷のかかるタスクやクリエイティブ作業、ゲーミングやVRに最適です。

 ※製品画像は添付の関連資料を参照

■「XPS デスクトップ」の主な特長

 ●衰えることのないパフォーマンス

  ・確かな性能:第10世代インテル(R)Core(TM)プロセッサーを搭載し、卓越したパフォーマンスを提供。動画編集、HDビデオ再生、ゲーミング、NVIDIAのVR対応グラフィックスオプションなど、システム負荷の高いアプリケーションも難なく使用可能。

  ・重要なタスクをすばやく完了:最大32GB DDR4のメモリーなどの特長により、すべての高度なアプリケーションを驚異的な速度で実行。

  ・Killer(TM)Wireless:旧世代の製品と比べて約3倍高速化したWi-Fi6テクノロジーと理論上最大2.4Gbpsのスループット速度を備えたKiller AX1650iが、システム内のストリーミングビデオ、通信、ゲームトラフィックに優先順位を付けて高速でスムーズなオンライン体験を実現。

 ●インテリジェントな設計

  ・クールな状態をキープ:パフォーマンスと通気を最大限に高めることを重視したデスクトップの設計プロセス。前面ベゼルを使用して、エアフローパスにより、グラフィックスカードとCPU、電源供給ユニット、およびM2 SSDストレージに対し、前面から背面への冷気を送り出すことが可能。オープンアーキテクチャーのレイアウトは、CPUとGPUの上に何も置かれていないことを意味し、通気量が制限。

  ・静音性を追求した設計:リビング、オフィス、キッチンなどの環境に溶け込むように設計。デスクトップが最大限のパフォーマンスを発揮していても保たれる静音性。より効率的に冷却するためにシステムファンの最高回転数を4,500rpmとした高回転ファンを採用。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

製品画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0537502_01.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0537502_02.pdf