(更新)令和2年7月豪雨に伴う「ソフトバンクWi-Fiスポット」の無料開放について

 

 ソフトバンク株式会社は、令和2年7月3日からの大雨の影響に伴い、長野県、岐阜県、福岡県、熊本県、大分県、鹿児島県の全域で公衆無線LANサービス「ソフトバンクWi-Fiスポット」を、順次無料で開放しています。これにより、Wi-Fiに対応したスマートフォンやタブレットなどをご利用であれば、ソフトバンクのお客さまに限らず、どなたでも「ソフトバンクWi-Fiスポット」のサービスエリア内で通信が可能となります。

(更新情報:2020年7月10日 午前11時時点)

 対象エリアに長野県と岐阜県を追加します。2020年7月10日正午より順次開放します。

1. 開始日時

 2020年7月9日(木)正午から順次

2. 対象エリア

 長野県、岐阜県、福岡県、熊本県、大分県、鹿児島県の「ソフトバンクWi-Fiスポット」のサービスエリアサービスエリアは、こちら( https://www.softbank.jp/mobile/network/wifispot/#wi-fi-spot-search )をご覧ください。

[注]

 ※対象エリアは、影響に応じて追加する予定です。

3. ご利用方法

 ・Wi-Fi対応機種で、ネットワーク名(SSID)「00000JAPAN」を選択してください。

 ・緊急時の利便性を優先するため、通信の暗号化などのセキュリティー対策が講じられていません。個人情報などの重要な情報の入力は極力避けていただくよう、ご注意をお願いします。

 なお、この取り組みは、無線LANビジネス推進連絡会において、各事業者が提供するWi-Fiサービスを大規模災害発生時の被災者の通信接続手段の一つとして利用いただくことを目的に、その統一的な提供方法についてさまざまな検討を行い、災害用統一SSID「00000JAPAN」による公衆無線LANの無料開放について、共通仕様の策定、ガイドラインの整備を行ってきたことによるものです。