NEC、New Normal時代の新しい働き方をDXで実現するデジタルオフィスのプロジェクト始動

〜新たなオフィスの在り方を見据え、生体認証などを活用したゲートレス入退やマスク対応レジレス決済などを本社ビルにて実証開始〜

 

 NECは、New Normal(ニューノーマル)時代の新しい働き方をデジタルトランスフォーメーション(DX)の力で実現するデジタルオフィスのプロジェクトを始動しました。

 今回、新たな取り組みとして、New Normal時代に求められるオフィスの在り方を見据え、生体認証や映像解析などの先進ICTを活用し、ゲートレス入退システムやマスク対応レジレス店舗などの様々なシステム実証をNEC本社ビル内にて本日から開始します。

 昨今、新型コロナウイルスによる感染症は世界中の人々の生活面・ビジネス面に大きな影響を与えており、従来の日常とは異なる価値観・社会に対応したワークスタイルへの変革が進んでいます。こうした中、政府機関や企業は徹底した安全管理を講じつつ都市運営や事業活動を止めないために、リアルとデジタルの融合による新たな働き方や事業環境の整備に向けた取り組みが喫緊の課題となっています。

 NECでは、グループ社員約10万人を対象に、従来よりリモート環境での働き方を実現するDigital Work Placeの社内基盤を構築するとともに、DXの開発実績・ノウハウを生かし、企業・組織のデジタルシフトを加速する製品・サービスの提供を進めています。今回、新たな局面を迎えた社会環境の中、オフィスで働く環境として見えてきた課題への対応として、生体認証や映像解析などの先進ICTを活用したNew Normal時代の新しい働き方を実現する様々なシステム実証を開始します。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0537554_01.pdf