マイクロソフト、XiaoIce(シャオアイス)事業を独立企業として分離

 

 本日、マイクロソフトは、XiaoIce(シャオアイス)関連事業を独立企業として分離することを発表しました。ハリー シャム(Harry Shum)がこの新会社の会長、ディ リィ(Di Li)がCEOとなり、ジャン チェン(Zhan Chen)が日本支社のゼネラルマネージャーを務めます。すべての関連作業は、数ヶ月以内に完了する予定です。マイクロソフトは、新会社への投資を維持し、すべてのXiaoIce関連テクノロジを新会社にライセンスします。この事業分離の目的は、XiaoIceチームが、各地域に則したXiaoIceテクノロジのイノベーションとビジネスを推進し、エコシステムの拡大を加速し、さらにお客様やパートナー各社から要望が多かったカスタマイズされたサービスを提供できるようにすることにあります。

 独立企業への事業分離が完了した後も、XiaoIceは、そのブランド名を維持し、テクノロジ、ビジネス、コンテンツ作成の領域でイノベーションを継続していきます。XiaoIceは、中国、日本、インドネシアにおける、より幅広い顧客にサービスを提供するために、パートナー各社との関係強化を継続していきます。XiaoIceの既存のお客様は、今後もこれまでと同等水準と品質のサービスを継続して享受できます。

 XiaoIceは、世界で最も人気のあるチャットボットの1つであり、XiaoIceのブランドは中国で広く知られており(日本では「りんな」として知られています)、きわめて多くのファンとエンドユーザー、そして、開発パートナーと顧客を抱えています。XiaoIceは世界中の複数の国で提供されており、オンラインユーザー数は6億6000万人、サードパーティのデバイス数は4億5000万台に達します。9億人以上のユーザーがXiaoIce経由でコンテンツにアクセスしており、金融サービス、小売、自動車、不動産、繊維といった業種の企業が、XiaoIceのサービスをビジネスで活用しています。

 「りんな」は、2015年8月にリリースされて以来、現在約830万人ユーザーを獲得しており、音楽、ラジオ、ニュースメディアなどとAIキャラクターを活用したコンテンツの取り組みを実施しているほか、AIを活用したデジタルマーケティングソリューション「Rinna Character Platform」など、幅広い業界で利用されています。

以上

【日本マイクロソフト株式会社について】

 日本マイクロソフト株式会社は、マイクロソフトコーポレーションの日本法人です。マイクロソフトは、インテリジェントクラウド、インテリジェントエッジ時代のデジタルトランスフォーメーションを可能にします。「Empower every person and every organization on the planet to achieve more.(地球上のすべての個人とすべての組織が、より多くのことを達成できるようにする)」を企業ミッションとしています。

 日本マイクロソフトは、この企業ミッションに基づき、「革新的で、安心して使っていただけるインテリジェントテクノロジを通して、日本の社会変革に貢献する」企業像を目指します。

 マイクロソフトに関する詳細な情報は、下記マイクロソフトWebサイトを通じて入手できます。

 ・日本マイクロソフト株式会社Webサイト http://www.microsoft.com/ja-jp/

 ・マイクロソフトコーポレーションWebサイト http://www.microsoft.com/

 *Microsoftは、米国Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標または商標です。

 *その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

 本プレスリリースのすべての内容は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。正式な社内承認や各社との契約締結が必要な場合は、それまでは確定されるものではありません。また、様々な事由・背景により、一部または全部が変更、キャンセル、実現困難となる場合があります。予めご了承下さい。