オンライン会議サービス「Zoom」とセキュアなファイル共有を実現する「活文 Managed Information Exchange」で、テレワークを支援

コンセプトを刷新した「活文」で、ニューノーマルにおけるコミュニケーションに貢献

 

 株式会社日立ソリューションズ(本社:東京都品川区、取締役社長:星野 達朗/以下、日立ソリューションズ)は、Zoom Video Communications, Inc.(本社:サンノゼ、CEO:エリック・ユアン、以下、Zoom)がグローバルに提供し、高品質で円滑なリアルタイムコミュニケーションを実現するオンライン会議サービス「Zoom」の販売代理店契約を締結し、7月14日から販売開始します。

 テレワークを推奨する企業は、「Zoom」と日立ソリューションズの企業間情報共有システム「活文Managed Information Exchange」を合わせて利用することで、「Zoom」による会議で必要となる業務ファイルを、会議以外の時でも、アクセス権管理とDRM(*)保護によってセキュアに共有することができます。これにより、利用者は安心してテレワークで協創活動を行えます。

 「活文 Managed Information Exchange」は、これまで、メンバーの属性に応じたアクセス権の設定や大容量ファイルの高速転送、資料やデータ、コミュニケーション履歴の一元管理などの機能を生かして、多くの企業・組織間の協創活動に利用されています。

 日立ソリューションズは、企業・組織間のセキュアなファイル共有で協創活動を支援し、新常態(ニューノーマル)におけるコミュニケーションに貢献していきます。

 ※図は添付の関連資料を参照

 また、「活文」はこのたびコンセプトを刷新し、「価値創出」「保存管理」「伝達共有」の3つの力で、ビジネスデータからさまざまな知見「インサイト」を発見し、ビジネスを成功へと導くことをめざしていきます。今回の「Zoom」との組み合わせは「伝達共有」を強化する取り組みです。

 日立ソリューションズは今後も、企業のデジタルトランスフォーメーション(以下、DX)の実現に向けて、テレワークなどのセキュアなリモート・コミュニケーションを支援していきます。

 *Digital Rights Management:デジタル著作権管理

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0537568_01.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0537568_02.pdf