エクサウィザーズと福岡銀行

AIが詐欺や払いすぎを検知する口座見守りサービス

福岡銀行口座保有者を対象にテスト版提供を開始

 

 株式会社エクサウィザーズ(東京都港区、代表取締役社長:石山 洸、以下エクサウィザーズ)は、AIが詐欺や払い過ぎを検知する口座見守りサービス(特許出願中)を株式会社福岡銀行(福岡県福岡市、取締役会長兼頭取:柴戸 隆成、以下福岡銀行)と共同開発し、7月13日(月)より福岡銀行口座所有者を対象に、一部の口座保有者に限定してテスト版提供を開始しました。

 ※参考画像(1)は添付の関連資料を参照

■異常性のある決済や傾向変化をいち早く検知し、親子で共有が可能

 超高齢社会を迎えている日本では、詐欺被害、物忘れや買い込み、家族との音信不通、認知症など、高齢者を取り巻く不安は歳を重ねるごとに増えています。また、家族の行動の変化はお金の使い方に影響することが多く、特に認知症による行動変化は「口座の支払い状況」によく現れると言われています。

 このたび開発した口座見守りサービスは、銀行口座とアプリを接続することでATMや公共料金の支払いデータをAIが分析し、変化の兆候について親子で共有することができるサービスです。口座の支払い状況の「異常検知」をすることで詐欺や払いすぎなどを早期発見できるほか、「傾向変化」を捉えることで認知機能低下の兆候発見にも役立てることができ、変化の兆候についてアプリを通じて親子で共有することが可能です。

 同サービスは今回のテスト版提供の後、2020年度中に福岡銀行口座所有者向けの本格的なサービス提供を開始予定。さらに今後は他銀行との連携も進めることで、日本全国でのサービス展開を予定しています。

■口座見守りサービスの特徴

 ※参考画像(2)は添付の関連資料を参照

 1.親子で状況を簡単に共有できます

  口座の支払い状況の異常や傾向変化の有無に関して親子で共有し、状況を理解し合うことが可能です(口座情報や取引明細の共有はありません)。

 2.口座の支払い状況の「異常検知」により、詐欺や払いすぎの早期発見に

  オレオレ詐欺、リフォーム詐欺、仮装通貨詐欺、はがき・封書による架空請求、ワンクリック詐欺、フィッシング詐欺など年々詐欺の種類が増える中、口座の支払い状況の異常をAIがすぐ検知することで、詐欺や払い過ぎの早期発見につなげることができます。

 3.「傾向変化」を捉えることで、認知機能低下の兆候を発見

  AIによる口座分析で、認知症にかかる兆候発見にも役立てることができます。認知症は発症前から少しずつケアを行うことで症状の回復が期待されるため、傾向変化を捉えて兆候を見つけます。

【株式会社エクサウィザーズについて】

 「AIを用いた社会課題解決を通じて、幸せな社会を実現する」というミッションのもと、介護・医療・HR・ロボット・金融などさまざまな領域でAIプロダクトの開発と実用化に取り組む。メンバーにはAIエンジニアをはじめ、ソフトウェアやハードウェアのエンジニア、戦略コンサルタント、UI/UXデザイナー、介護などのドメイン専門家、研究者、政策の専門家など分野横断的な人材が在籍。超高齢社会を迎えている日本において、各領域の現場ニーズと課題を徹底的に理解したうえでのプロダクト開発だけでなく、同時に海外拠点での事業開発もしながらグローバルなビジネスを展開。

 ウェブサイト: https://exawizards.com/

▽電子決済等代行業者の登録

 エクサウィザーズでは、金融機関とのAPI連携に基づくサービスを提供するための必要な手続きとして、銀行法等に基づき、2020年5月15日付で金融庁への電子決済等代行業者の登録(登録番号:関東財務局長(電代)第66号)を完了しています。

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像(1)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0537602_01.jpg

参考画像(2)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0537602_02.jpg