NTTデータのデジタル技術が全英オープンゴルフ史上初のバーチャルトーナメントを支援

〜過去50年のデータを紐解くことで、歴代の名プレイヤー達の時空を超えた大会を実現〜

 

 株式会社NTTデータ(以下:NTTデータ)はデータ分析技術と映像解析のAI(人工知能)技術を用いて、2020年7月16日〜19日に開催される全英オープンゴルフ史上初のバーチャルトーナメント「The Open for The Ages」(以下:本イベント)の実現を支援します。NTTデータはこの度、本イベントの主催者であるThe R&Aが保有する過去50年以上のデータを分析することで勝者決定に関わる基礎情報を整理し、本イベントの実現を支援しました。また、AI技術を用いて、過去の映像から歴代の名プレイヤーのショットシーンを自動抽出したハイライト映像を提供することで、新たなデジタル体験を世界中のゴルフファンに届けることに貢献します。本イベントは、日本時間 2020年7月19日19時にGolf Networkで放送予定の他、The R&Aの公式ウェブサイト上にも本イベントの様子が掲載されます。

 今後もNTTデータは全英オープンゴルフのオフィシャル・パトロンとして、デジタル技術を活用し新たな観戦体験の創出を目指します。

【概要】

 世界的に猛威を振るうCOVID-19により、多くのスポーツイベントが延期、中止となっています。今年で149回目の開催を予定していた全英オープンゴルフもこの4月に2020年大会の中止が発表されました。その中、全英オープンゴルフの主催者であるThe R&Aは、全英オープンゴルフ史上初のバーチャルトーナメントの開催を決定し、NTTデータは本イベントへ協賛することを決定しました。これまでNTTデータは、大会会場に設置された巨大なデジタルサイネージ「NTT DATA Wall」を中心にデジタル技術を活用した「より深く・より直感的なスポーツ観戦」として新たな観戦体験の創出に取り組んできており、本イベントでも、新たな観戦体験の提供を技術面からサポートしています。

【今回の取り組み内容】

 NTTデータのデータ分析技術と映像解析のAI技術を活用して以下を実施することで、本イベントの実現および新たなデジタル体験を世界中のゴルフファンに届けることをサポートします。

  ・The R&Aが保有する1970年から現在にいたる50年以上のスコアカードや履歴データを分析することで、本イベントの基礎情報を整理。この情報は、本イベント期間中にThe R&Aが実施するファン投票の結果とともに、勝者決定における重要な情報として活用されます。

  ・AI技術を用いて過去の映像から歴代の名プレイヤーのショットシーンを自動抽出しハイライト映像を提供。この映像は、本イベントのコンテンツの一部として、全英オープンゴルフの公式Webサイト等のデジタルメディアで活用されます。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0537617_01.pdf