テレワークでも打ち合わせや雑談の円滑なコミュニケーションを実現する仮想オフィスをクラウドで提供

新常態における働き方を支援するワークスタイル変革ソリューションを刷新し、第一弾を発表

 

 株式会社日立ソリューションズ(本社:東京都品川区、取締役社長:星野 達朗/以下、日立ソリューションズ)は、新常態(ニューノーマル)における働き方の実現に向けて、ワークスタイル変革ソリューションを刷新しました。その第一弾として、PCやタブレット、スマートフォン上にお洒落な仮想オフィスを表示し、テレワーク中の打ち合わせや雑談の円滑なコミュニケーションを実現する仮想オフィス「Walkabout Workplace(ウォークアバウトワークプレイス)」を、8月3日に販売開始します。Walkabout Collaborative LLC,(本社:米国 ニューヨーク、CEO:Toni Portmann/以下、ウォークアバウト社)が提供するクラウドサービス「Walkabout Workplace」の日本初の販売代理店契約を締結しました。

 Walkabout Workplaceでは、在宅、サテライトオフィス、オフィスなどで、自由な働き方をする社員が、まるでひとつの「ワークプレイス」にいるかのような一体感が生まれます。社員が自室のデザインを自由に選択し、オフィスや会議室、休憩場所で雑談や打ち合わせを行うことができます。また、各社員への連絡可否や、社員の勤務状況、社員同士のコミュニケーションの様子がフロア全体で可視化できるため、管理者はメンバーの様子をいつでも把握できます。これにより、企業は、適正な労務管理や社員のエンゲージメントとモチベーション向上を実現しながら、テレワークを導入することが可能となります。

 日立ソリューションズは、新常態における働き方の実現に向けて、自社での働き方改革のノウハウを提供するワークスタイル変革ソリューションのコンセプトを「一人ひとりがイキイキと働き、時代の変化に対応できる企業の実現」に刷新し、「自由な働き方」「究極の自動化」「働きがい」の3つの価値を提供していきます。

 今後、オンライン上で、プレゼンターがスライド上を動き回って説明する、米国Personify Inc.の遠隔プレゼンテーション「Personify Presenter」を8月末に、テレワーク中の社員の居場所やマインドの状況を可視化する「リシテア/就業管理」の最新版を今秋に、販売開始することを予定しています。

■背景

 人口の少子高齢化や市場のグローバル化に伴い、柔軟な勤務形態や生産性の向上を実現する働き方改革は、企業の重要な経営課題です。企業では、コロナウイルスの感染拡大への対応も重なり、テレワークを活用した働き方改革が急速に進む中、社員の業務状況の把握や、コミュニケーション不足による社員の孤独感、エンゲージメントの低下のようなさまざまな問題が表面化しています。

 日立ソリューションズは2016年から、ITインフラ整備や制度改革、風土醸成など、自社で率先して働き方改革を推進し、そのノウハウをワークスタイル変革ソリューションとしてお客様に提供しています。コロナウイルスの感染拡大への対応では、自社で勤務する約9割の社員が在宅勤務で業務を行っています。

 また、お客様への対応として、テレワークを支援するソリューションの無償提供も行ってきました。

 このたび、これらのノウハウをお客様に提供する「ワークスタイル変革ソリューション」を刷新し、企業の新常態における働き方を強力に支援することになりました。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0538439_01.pdf