Zホールディングスの金融サービスのブランド統一

および連結子会社の商号変更に関するお知らせ

 

 Zホールディングス株式会社(以下、ZHD)、Zフィナンシャル株式会社(以下、ZF)およびソフトバンク株式会社(以下、SB)は、2020年秋以降順次、各社傘下の金融事業会社6社の社名およびサービス名を「PayPay」ブランドに統一することとしましたのでお知らせします。なお、金融事業会社6社における社名変更については、各社取締役会において、各社の株主総会で「定款一部変更の件」が承認されることを条件として、商号の変更を行うことを決議しました。

 記

1.商号変更の背景

 ZHD傘下の中核企業の一つであるヤフー株式会社(以下、ヤフー)が出資するPayPay株式会社のスマホ決済サービス「PayPay」は、累計ユーザー数が3,000万人(2020年6月時点)を突破するなど、多くのユーザーにご利用いただくサービスへと急速に成長しています。

 ヤフーは、提供するオンラインサービスへの「PayPay」決済の導入や「PayPayボーナスライト」などの特典の付与、eコマースサービス「PayPayフリマ」、「PayPayモール」の開始など、昨年より「PayPay」と強固に連携することで、急速に成長する「PayPay」のユーザーを取り込み、コマース事業の成長を加速させています。

 このたび、銀行やクレジットカード、保険などZHDおよびSB傘下の金融事業会社が提供する金融サービスについても「PayPay」との連携を強化し、金融事業を成長させていくとともに、わかりやすい名称とすることでユーザーに親しみをもってサービスをご利用いただきたいという思いのもと、社名やサービス名を「PayPay」ブランドに統一することとしました。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

2.金融事業会社の社名、サービス名の変更

 ZHDおよびSB傘下の金融事業会社6社の社名および、各社が提供するサービス名は、2020年秋以降順次「PayPay」ブランドを冠した社名・サービス名に変更、または「PayPay」ブランドを冠した新たなサービスとして開始する予定です。また、社名変更については、各社株主総会により承認可決されることおよび必要に応じ所管官公庁の許認可等が得られることを条件として実施される予定です。

 ※表資料は添付の関連資料を参照

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0538450_01.png

表資料

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0538450_02.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0538450_03.pdf