「ACMS B2B」のWeb-EDI製品「ACMS WebFramer」とそのオプションの最新版 V1.7を発売

〜Web-EDIの業務運用性、運用操作性、業務画面のパフォーマンスを向上〜

 

 株式会社データ・アプリケーション(本社:東京都中央区、代表取締役社長:安原 武志、略称:DAL、JASDAQ:3848)は、B2Bサーバ「ACMS B2B」のWeb-EDI製品「ACMS WebFramer(エーシーエムエス ウェブフレーマー)」と、そのオプションのWebアプリケーションを自動生成する「ACMS WebFramer Webアプリケーション構築支援ツール」の最新版V1.7を2020年8月7日より発売を開始します。

 DALでは、EDI2024年問題によるインターネットEDI化やEDIサービスの利用拡大に向けて、取引先の企業規模にあわせた様々なEDI形態を提供できるようWeb-EDI製品も強化しており、ACMS B2Bとの組み合わせることで、標準EDIとWeb-EDIの統合運用を実現し、企業間電子商取引の拡大と効率化を推進しています。

 今回の最新版では、Web-EDI製品であるACMS WebFramerをシステム基盤とする株式会社YE DIGITAL Kyushuの「きっとe!DI2」をはじめとしたサービス事業への適用を拡大するために運用操作性を強化し、さらに中小企業での業務運用性や情報の多い業務画面でのパフォーマンスを向上させました。また、ChromiumベースのMicrosoft Edgeを新たにサポートすることで、取引先の利用環境を拡大しました。

 今回リリースした製品の主な業務運用性や運用操作性の強化点は以下のとおりです。

<ACMS WebFramer>

 1.アカウント情報に紐づく業務(購買業務や販売業務など)を登録する際の業務運用やシステム運用での複数回操作する煩雑さを排除しサービス事業での運用性を強化しました。

 2.稼働環境のサポート

  ・ChromiumベースのMicrosoft Edge

  ・SQL Server 2019

  ・PostgreSQL v12

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0538756_01.pdf