ソリトン、静岡県主催の自動運転プロジェクトに参画

-下田市での自動運転小型バスの遠隔監視・運転システムを担当-

 

 株式会社ソリトンシステムズ(代表取締役社長:鎌田信夫、以下ソリトン)は、この度、静岡県が運営する自動運転実証実験事業「しずおか自動運転ShowCASEプロジェクト」(注1)の連携企業として、下田市の公道で実施予定の実証実験に参加します。

 この実証実験で、ソリトンは、下田市内を自動運転する小型バスの走行状況、車内状況を、市外に別途設置された運用センターから監視し、またその小型バスを同センターから遠隔で運転制御できるシステムを提供します。

 現在、各地で実証中の自動運転では、路上駐車の追い抜き判断、歩行者の車道横断振る舞いの判断など、システムのみでは情況判断が難しいケースが多く発生し、また、システムの制御能力自身を超える事象が生ずることもあります。このため、現行の自動運転走行ではドライバーが運転席で常時待機するよう義務付けられています。

 ソリトンが開発を進めてきた遠隔監視・運転システムは、この課題の解決を狙い、通信によって車外から同時に複数台の自動運転車の走行状況等を監視把握し、人間の操作が必要となった自動車には、運転操作を車外の運転手が遠隔から行うものです。ドライバーの無人化を早期に実現できる方式として、今、この遠隔システムへの期待が高まっています。

 ソリトンによる下田市における実証実験では、本年中に、運用センターを市外に設置し、ここから複数台の自動車の走行状況、車内情況を監視するとともに、センターから車外歩行者、対向・後続車向けに拡声、情報表示を行い、また車内乗客との通話を可能とします。

 さらに、遠隔運転システムにはソリトン製品である映像デジタル処理時間40ミリ秒を実現した超短遅延映像伝送装置Smart-telecaster Zao-SH(注2)を組み込みます。これにより、標準のモバイル回線(LTE)適用の下でも車両〜センター間トータルの映像遅延時間が大幅に短縮され、あわせてこれらの回線を複数の通信事業者間で同時多重することにより、センターからの遠隔運転の安全性を飛躍的に高めます。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0538777_01.pdf