TIS、ローコード開発基盤「OutSystems」活用の支援サービスを開始

〜企業のDXを強力にサポートするエンタープライズ向けローコード開発をトータルに支援〜

 

 TISインテックグループのTIS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役会長兼社長:桑野 徹、以下:TIS)は、最小限のコーディングでアプリケーション開発が可能なローコード開発基盤(※1)製品「OutSystems」を、エンタープライズで活用するための「OutSystems導入支援サービス」を開始することを発表します。

 ※1:ローコード開発とは、ソフトウェア開発を高速化するために最小限のソースコードで開発する手法。ローコード開発基盤は、コードを書かずにプログラミング可能なGUI開発、ワンステップのデプロイメント、アプリケーション保守運用管理をサポートする統合開発基盤であり、ユーザーインターフェース(UI)やビジネスロジック、データサービス開発まで幅広くサポートしている。

 「OutSystems」は、コーディングなしで、カスタムアプリケーションを素早く作成して動かすことができる「ローコード開発基盤」といわれる製品群のリーダーポジションにある製品です。

 「ローコード開発基盤」は、開発期間の大幅短縮に加えて、企業において利用の実態や存在が確認できないシャドーITの撲滅やシステムの乱立を解消する有用な手段として注目が高まっており、またアフターコロナ下のデジタルトランスフォーメーション(DX)実現においても期待されています。

 「OutSystems導入支援サービス」では、TISのSIerとしてのシステム構想からプロジェクト実行までのトータルなプロジェクトマネジメント力に、「OutSystems」の高い生産性・先進性を組み合わせ、エンタープライズ企業のTCO最適化と、攻めのIT投資へのシフトを支援します。

<「OutSystems導入支援サービス」による高速開発イメージ>

 *添付の関連資料を参照

 TISでは、「OutSystems導入支援サービス」に加えて、今後3年間で「OutSystems」をベースに昨今キーワードとなっているアフターマーケット戦略や物流現場改革に寄与する業種特化型のサービスをラインナップしていきます。

 *以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

<「OutSystems導入支援サービス」による高速開発イメージ>

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0540356_01.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0540356_02.pdf