営業支援システム「Dynamics 365 Sales」の運用を定着化し、経営の意思決定を支援するソリューションを提供開始

導入コンサルティングと経営可視化ダッシュボードを提供し、企業の経営効率を向上

 

 株式会社日立ソリューションズ(本社:東京都品川区、取締役社長:星野 達朗/以下、日立ソリューションズ)は、マイクロソフト社の営業支援システム「Microsoft Dynamics 365 Sales」(*1)の運用を定着化し、経営の意思決定を支援する「SFA/CRM 運用定着化ソリューション」を、9月16日から提供開始します。

 本ソリューションは、売上目標などの経営指標と連動したシステムの効果的な活用ノウハウを生かし、導入コンサルティングとテンプレート(*2)を提供します。テンプレートはお客様のニーズに応じてカスタマイズし、受注などの営業状況と経営指標が連動した「経営可視化ダッシュボード」やシステムの「利用状況可視化ダッシュボード」として提供します。

 日立ソリューションズは、これまで取り組んできた営業活動におけるデータ活用ノウハウと、顧客管理システムや営業支援システムの豊富な導入実績を生かし、営業データの収集・分析結果に基づいて、経営判断を支援するソリューションを提供することで、企業の経営効率向上を支援していきます。

 *1:顧客情報の管理や営業案件の進捗管理、担当者の行動管理などを行うことができる営業支援システム。AIによって見込顧客の受注確度を数値化し、受注までの進捗を予測・分析することで、営業担当者に気づきを与える。Office 365との連携機能で生産性を向上。

 *2:経営/利用状況可視化テンプレート for Microsoft Dynamics 365 Customer Engagement

 ※図は添付の関連資料を参照

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0540367_01.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0540367_03.pdf