HPE、シンプルで購入しやすい価格帯の中小・中堅企業向け次世代ストレージソリューションを発表

 HPE MSAエントリーレベルストレージは、経費の節約を支援し、HPE Cloud Volumes Backupによるクラウドへの簡単なバックアップを実現

 

 ヒューレット・パッカード エンタープライズ(HPE)(日本ヒューレット・パッカード株式会社 本社:東京都江東区、代表取締役 社長執行役員 望月 弘一)は本日、HPE Modular Smart Array( https://www.hpe.com/jp/ja/storage/msa-shared-storage.html )(MSA)の次世代モデルであるHPE MSA Gen 6を発表しました。パフォーマンスと自動化を実現するエントリーレベルのハイブリッドフラッシュストレージソリューションにより、中小・中堅企業は限られた予算内でビジネスの成長に注力(*1)できるようになります。

 今日のデジタルファースト経済では、ほとんどの中小・中堅企業にとってテクノロジーにかけられる予算は限られています。HPE MSAは新しいデータサービスと近代化されたアーキテクチャによって進化を続ける最新のエントリーストレージソリューションであり、中小・中堅企業は同製品の導入により、経費を節約することが可能となります。また、HPE MSAでは社員がどこで仕事をしていても、非常に重要なデータに安全かつ容易にアクセスできるようになります。HPE MSAでは、新しいデータサービスと近代化されたアーキテクチャにより、メディアストリーミングやオンライン教育などのオンデマンドビジネスの分散型アプリケーションやワークロードをより簡単に管理できるよう支援します。

 HPE MSAは、今日のワークロードに必要とされる高い信頼性を備えた、シンプルで低コストのストレージソリューションで、パフォーマンスと容量増大のニーズに応じた拡張が可能です。自動階層化機能によりアプリケーションが必要とするパフォーマンスを提供し、アーカイブストレージによりエントリーレベルの価格帯で柔軟なエンタープライズグレードのストレージソリューションを提供します。新しいHPE MSA Health Checkツールは、攻撃から保護し、障害を事前に予測するため、小規模企業はIT運用に頭を悩ませることなく、ビジネスに集中することができます。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0541040_01.pdf