小売業者のデジタルシフトを支援する新シリーズ「Brainforce」

第一弾!レジを通さず決済できる「Brainforce ウォークスルーチェックアウト」提供開始

 

 当社は、スーパーマーケットやドラッグストアなどの小売業者に向けて、消費者がユニファイドコマース(注1)やフリクションレスショッピング(注2)などのオンラインとオフラインを融合した便利な買い物ができ、小売業者は業務効率化とデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進できる新たなソリューションとして、「FUJITSU Retail Solution Brainforce(フジツウ リテール ソリューション ブレインフォース)(以下、Brainforce)」を提供します。「Brainforce」は、データベースや情報分析、決済などの業務アプリケーションをクラウド上に展開し、それらにアクセスするためのAPIとスマートフォンアプリで構成しており、必要な機能を短期間で構築できます。

 第一弾として、スマートフォンのアプリで商品バーコードをスキャンすればレジを通さず決済できるサービス「FUJITSU Retail Solution Brainforce ウォークスルーチェックアウト(以下、Brainforce ウォークスルーチェックアウト)」、およびキャッシュレス決済に特化したサービス「FUJITSU Retail Solution Brainforce キャッシュレス決済(以下、Brainforce キャッシュレス決済)」を10月16日より販売開始します。これにより、消費者は店舗におけるレジ待ちから解放され、合計金額や以前の購入履歴を確認しながら新たな買い物体験が楽しめます。小売業者は、レジ対応人員の効率化やレジ台数見直しによる運用コストと店舗スペースの削減や、より詳細な購買データの収集などが可能になります。

 当社は、新たな消費者の購買行動やデジタル化などの変化する環境に合わせたソリューションを提供することで、リテールビジネスのデジタルシフトを強力に支援していきます。

 本ソリューションは、現在開催中のオンライン形式のグローバルイベント「Fujitsu ActivateNow」にて、10月16日(金曜日)より紹介します。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0541787_01.pdf