凸版印刷、教育機関で「VoiceBiz(R)」の実証実験開始

多言語音声翻訳アプリ「VoiceBiz(R)」の実証実験を教育機関で実施教員と在留外国人の児童生徒および保護者とのコミュニケーションを支援

 

 凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:麿 秀晴、以下 凸版印刷)は、急増する訪日外国人や外国人就労者などとの多言語コミュニケーションを支援するソリューションとして、多言語音声翻訳サービス「VoiceBiz(R)(ボイスビズ)」を、2018年6月より提供しています。

 凸版印刷は、このたび多言語音声翻訳サービス「VoiceBiz(R)」の利用シーンや翻訳精度などを検証をするべく、教育機関で2020年10月から2021年3月までの実証実験(以下 本実証)を実施します。これに伴い、本実証に参加可能な教育機関の募集を2020年10月から2021年2月末まで行います。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

■本実証について

 教育機関において、在籍する外国人児童は増加傾向にあり、その国籍も多様化しています。教員は外国人児童およびその保護者との意思疎通に大きな課題を抱えています。特に保護者への連絡においては「正しく伝わっていることを確認できない」、「保護者との意思疎通が難しい」、「連絡内容を伝える準備に工夫・時間を要する」といった課題が顕在化しています。

 このような中で、今回の実証においては、小学校や中学校など実際の教育現場で、外国人の児童生徒との生活指導や授業支援、外国人児童生徒の保護者との面談といったさまざまな場面で「VoiceBiz(R)」を使用し、翻訳精度が不足している固有名詞や改善点を洗い出すことを目的としております。また、実証実験の結果をもとに、今後さらに教育機関に向けたサービス提供を目指し、翻訳精度を向上させていきます。

【参加申し込み方法】

 ・実証期間:2020年10月から2021年3月末

 ・費用:無償

 ・対象機関:小学校、中学校、保育所、幼稚園などの教育機関

 ・募集期間:2020年10月から2020年2月

 ・募集上限:1アカウントにつき10台

 ・参加申し込み方法:下記のメールアドレスに参加申し込み連絡を行ってください。

 info-voicebiz@toppan.co.jp

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0541946_01.JPG

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0541946_02.pdf