家庭向け分離型デスクトップパソコン「LAVIE Direct DT Slim」を発表

容量約1Lの小型筐体ながら豊富な拡張性の直販専用モデル

 

 NECパーソナルコンピュータ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役執行役員社長:デビット・ベネット、以下NECPC)は本日、家庭向け分離型デスクトップパソコンLAVIE Direct DT Slimを発表しました。

 LAVIE Direct DT Slimは、本体の容積約1リットルのコンパクトな筐体で、デスクトップ用のインテル第10世代Core i7プロセッサー(8コア)をはじめハイスペックな構成が選べる、NECPCの直販チャネル「NEC Direct」専用モデルです。直販モデルならではの豊富な構成からユーザの利用スタイルに合わせた1台を選択できます。

■置き場所を選ばない小型筐体

 本体は従来比(LAVIE Direct DTシリーズとの対比)約1/9の容量となる約1リットルの超小型筐体を採用。幅34.5mm、高さ179mm、奥行き182.9mmのコンパクトな筐体は置き場所を選ばず、机の上を有効に使うことができます。また、標準添付のUSB小型キーボードを背面の対応のUSBポートに装着し、[ALT]キーと[P]キーを同時に押下することで、本体電源ONが可能。更に、無線LAN、Bluetoothもオプションで選択できるため、有線LANの届かない場所にも設置可能で、設置場所の自由度を提供します。

■豊富なインターフェイス

 コンパクトな筐体ながら、インターフェイスが豊富で、USB 3.1コネクタ×2、3.0x3、Type‐Cコネクタ(USB3.0)×1を備えています。

 映像出力は標準でHDMI×1、Display Port×1を備え2画面出力に対応します。セレクションメニューで、増設VGA出力ポート/増設DisplayPort出力ポート/増設HDMI出力ポート(排他)を選択すると、最大3画面出力が可能です。

 また、DVDドライブを選ぶと専用ブラケットにより本体に合体できます。

 ※以下は添付リリースを参照

 ※製品画像は添付の関連資料を参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

製品画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0541955_02.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0541955_01.pdf