「毎日のお金も、一生のお金も、あなたらしく改善。」機能アップデート第三弾

クレカ・電子マネーの購入記録にレシート明細データを統合

〜自動連携データ置換機能をiOSより搭載開始〜

 

 日本最大級のオンライン家計簿サービス「Zaim」( https://zaim.net )を運営する株式会社Zaim(本社:東京都港区、代表取締役:閑歳孝子)は、2020年10月27日、クレジットカードや電子マネーから取得した購入記録に、Zaimアプリ内のOCR(*)で読取ったレシート明細データと統合できる「レシート履歴の置換機能」をiOSにて公開しました。

 *アプリ内のOCR:レシート等の印刷された文字をスマートフォンカメラで読み取り、電子テキスト化する機能

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

 クレジットカードやQRコード決済などのキャッシュレス化が急速に進む中、ご利用者から「クレジットカードの自動連携機能では購入毎の支払総額のみが反映されてしまうが、買い物した際に受け取るレシートに記載された品目ごとの明細も記録したい」という声がより多く寄せられるようになりました。これを解決するため、支払い時に受け取るレシート情報をアプリ内に記録しておくことで、キャッシュレス利用のデータが反映された際に、二つの履歴を置換し紐付けるよう機能を改良。レシートから読み取った商品名を残せるようアップデートしました。

 また、これまではOCRのみでレシートのテキストを判別していたところを、文字の読み間違いを自動で訂正する「品目補正機能」をiOS・Androidなどすべての端末向けに追加しました。これらのアップデートにより、利用者は購入履歴の詳細をより効率よく正確に管理できます。

 Zaimでは今回のレシート機能強化を記念し、本日(2020年10月27日)よりレシートを撮影し履歴を反映いただいた方から抽選でAmazonギフト券が最大10,000円当たるレシート読取りキャンペーンを実施します。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0542320_01.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0542320_02.pdf