NEC、NTTドコモのStand Alone型5Gモバイルコアの提供ベンダに選定

 

 NECはこのたび、株式会社NTTドコモ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:吉澤 和弘、以下NTTドコモ)が2021年度中にサービスを予定しているStand Alone(SA)方式の5Gに対応したモバイルコアネットワーク5GC、および小型ユーザデータ処理装置の提供ベンダに選定されました。

 本5GC及び小型ユーザデータ処理装置「UPF mini(注1)」の提供により、NECはNTTドコモのSA方式による更なる5Gの展開に貢献し、5Gの特長とされているeMBB(高速・大容量)、mMTC(同時多接続)、URLLC(低遅延、高信頼)を実現して、5G時代に求められる多種多様なネットワークのニーズに対応します。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

 今回採用が決定したSA型5GCはvEPC(virtualized Evolved Packet Core:仮想化EPC)で採用した仮想化に加え、コンテナ技術(注2)を採用することで、より柔軟な運用性を実現しました。5Gの特徴を活かした各種サービスに最適なスライスネットワークを提供可能とすると共に、スケーラビリティの向上も実現しています。このSA型5GCはクラウドでも提供しており、グローバル市場への展開も推進しています。

 また、UPF miniは、従来のユーザデータ処理装置より小型で省電力なため、設置場所の自由度が向上します。5Gの特長である超低遅延を実現するためには基地局とユーザ端末間の無線区間だけではなく、有線区間を含めたネットワーク構成全体の低遅延化が必要となります。UPF miniを有線区間に適切に配置し、アプリケーションサーバまでの物理的な距離を短くすることで、全体的な処理時間の削減をするMEC(Multi Access Edge Computing、注3)を実現し、超低遅延サービス提供エリアの拡大に貢献します。

 NECはLTE向けコアネットワークvEPCをNTTドコモに提供しています。NTTドコモが2020年3月から開始した5GサービスではこのvEPCの機能を拡張したものが採用されており、Non Stand Alone(NSA)型コアネットワークとして運用されています。LTE向け無線基地局や5G無線基地局も提供しており、本コアネットワークと合わせて、NTTドコモの5Gサービスをトータルで支援し、次世代のネットワークサービスの拡大に貢献します。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0542484_01.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0542484_02.pdf