HPE、1億6,000万ドル超の世界最速スーパーコンピューターをフィンランドに構築する契約を獲得し、欧州の科学研究の発展と経済成長を支援

 European High Performance Computing Joint Undertaking向けの新しいスーパーコンピューターが、HPE Cray EXスーパーコンピューターを活用して、550ペタFLOPSを上回る理論的ピーク性能を実現

 

 ※本リリースは、ヒューレット・パッカード エンタープライズ(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、以下:HPE)が、2020年10月21日(現地時間)に発表した英文リリースに基づいて作成した日本語抄訳(抜粋)です。原文は以下をご参照ください。

 https://www.hpe.com/us/en/newsroom/press-release/2020/10/hewlett-packard-enterprise-wins-160m-contract-to-power-one-of-the-worlds-fastest-supercomputers-based-in-finland-to-bolster-europes-research-in-science-and-unlock-economic-growth.html

 HPEは本日、世界最速スーパーコンピューターの1つを構築する、1億6,000万ドルを超える契約を、フィンランドに拠点を置くEuropean High Performance Computing Joint Undertaking(EuroHPC JU)( https://eurohpc-ju.europa.eu/ )から獲得したことを発表しました。EuroHPC JUが「LUMI( https://www.lumi-supercomputer.eu/eurohpcju/ )」と呼ぶ新しいスーパーコンピューターは、欧州の研究者や民間・公的機関による研究開発の大幅な発展や、ヘルスケア、気象予報、AI対応製品といった分野でのイノベーション推進を支援します。

 EuroHPC JUのLUMIの特徴は、理論的なピーク性能が550ペタFLOPSを超える「プレ・エクサスケール」システムであることです。これはノートパソコン150万台分の性能に匹敵します。

 さらにHPEは、EuroHPC JUとの連携を通じてスーパーコンピューティングリソースを拡張し、エクサスケールコンピューティング( https://www.hpe.com/us/en/newsroom/blog-post/2020/10/from-faster-drug-discovery-to-safer-cars-planes-and-consumer-products-imagining-the-benefits-of-exascale.html )の実現に向けた欧州のロードマップを加速させます。これは、スーパーコンピューティングのさらなる大きな飛躍であり、現存するシステムの5〜10倍のパフォーマンスを実現します。

 HPEのハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)およびミッションクリティカルソリューション(MCS)担当シニアバイスプレジデント 兼 ゼネラルマネージャーのピーター・アンゲーロは、次のように述べています。「LUMIに選ばれ、エクサスケール時代の技術を活用して地球上で最速のスーパーコンピューターを構築できることを光栄に思っています。HPEは、EuroHPC JUが科学研究の発展やイノベーションの推進、経済成長の活性化といった次世代スーパーコンピューティング時代における機会をつかめるよう、尽力してまいります。私たちは、EuroHPC JUとの連携、そしてAMDとのパートナーシップを通じて、コンピューティング、高性能ネットワーク、ストレージ、ソフトウェアにおける独自の機能を活用して、人々の生活や働き方の改善に貢献できることを嬉しく思います。」

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0542494_01.pdf