戸越銀座商店街と日立システムズが商店街のみで利用可能なデジタル地域通貨「戸越銀座ポイント」の導入に向けて実証実験を開始

スマートデバイス上で動作するWebアプリケーションを活用したキャッシュレス決済のほか、地域に密着した呼び込み施策を展開できる機能を通じて地域活性化と利便性向上を推進

 

■概要

 一般社団法人戸越銀座エリアマネジメント(代表理事:山村俊雄、本社:東京都品川区/以下、戸越銀座エリアマネジメント)と株式会社日立システムズ(代表取締役 取締役社長:柴原 節男、本社:東京都品川区/以下、日立システムズ)は、戸越銀座商店街において、商店街をはじめとする周辺地域の活性化や地域住民の利便性向上および新型コロナウイルス感染予防対策や今後の新しい生活様式への対応を目的に、戸越銀座ポイントの導入に向けた実証実験を開始します。

 戸越銀座ポイントとは、戸越銀座商店街のみで利用が可能なデジタル地域通貨です。スマートデバイス上で動作するWebアプリケーションを通じて商店街にある飲食店などの各店舗での支払いなどが可能になるほか、地域に密着した呼び込み施策として展開できます。

 今回の実証実験を通じて、戸越銀座エリアマネジメントは、店舗を含めた利用客のサービス受容性とマーケティング効果を確認し、地域内でのコミュニケーションの活性化や経済循環につなげます。なお、本実証実験は11月20日、21日に戸越銀座商店街内の14店舗を対象に実施し、事前に募集した100名のモニターが参加予定です。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

■背景

 少子高齢化、人口減少、利用客の地域外流出により地域経済の根幹を支える観光地や商店街が苦境に立たされており、利用客の地域外流出を防ぐとともに、新規利用客やインバウンドの取り込みが求められています。また、こうした厳しい状況に加え、昨今の新型コロナウイルス感染症の影響により、感染予防対策を念頭に置いた地域でのイベント開催が求められる等、これまでとは異なる新規利用客の呼び込み施策や利用客の再訪施策が迫られています。

 デジタル技術を活用したスマート化や新型コロナウイルス感染予防対策を意識した取り組みとして、キャッシュレス決済の導入・検討を進めている地域もありますが、決済端末の導入コストの負担、高齢者のデジタル化に対する抵抗感などから導入の障壁が高く、さらに、既存のキャッシュレス決済では地域外に情報や資金が流出してしまうため、地域に密着した集客・販促活用に利用しにくく、地域内での情報や資金の循環が難しい状況となっています。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach/600473/01_202011201225.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/600473/02_202011201225.pdf