アクロニス、CyberLynxを買収して新たなセキュリティサービスを追加し、サイバープロテクションのポートフォリオを強化

 

 ※本リリースは2020年11月17日にロンドンで発表されたプレスリリースの抄訳です。

 サイバープロテクションのグローバルリーダーであるアクロニスは、サイバーセキュリティの主要なコンサルティング会社であるCyberLynxの買収を発表しました。CyberLynxはイスラエルに本社を置き、英国、スイス、ルクセンブルグにも拠点があります。アクロニスにとってこの1年で3回目となる今回の買収は、成長計画を引き続き加速させるものです。

 セキュリティ監査、侵入テスト、独自のトレーニングソリューションを提供するCyberLynxは、先進的な専門技術と、主要なフォレンジックサプライヤーとの強力な結びつきを土台に、世界各国で支持を得ています。アクロニスでは、これらの機能の獲得を通じて、ワールドクラスのサイバープロテクション( https://www.acronis.com/ja-jp/cyber-protection/ )を世界中のさまざまな組織に提供するというミッションの実現に向けて邁進していきます。

 IDCのフランク・ディクソン(Frank Dickson)氏は次のように話しています。「アクロニスはCyberLynxを買収することで、サイバーセキュリティにおける専門性を強化するという決意を示しました。サイバーセキュリティとデータ保護とを統合した製品を提供することにより、アクロニスはサイバーセキュリティ実装の複雑さを低減し、ITレジリエンシーを向上できます。CyberLynxの買収によりアクロニスのサービス提供が強化されるでしょう。さらに、トレーニングとコンサルティングのソリューションにより、クライアント組織のセキュリティ体制向上に、パートナーとして積極的に働きかけるアクロニスの能力を、拡大することになります」

 アクロニスは、CyberLynxのサービスをAcronis Security Servicesのスイートに統合し、組織のセキュリティ体制を強化するために利用できるトレーニングとソリューションの範囲を広げる予定です。脅威シミュレーションと分析に関するCyberLynxの専門性を活かすことで、アクロニスは、顧客を保護し「最後の防衛線」としての役割を果たすマネージドサービスプロバイダー( https://www.acronis.com/ja-jp/articles/managed-service-software/ )(MSP)とマネージドセキュリティサービスプロバイダ(MSSP)を、さらにサポートすることができます。

 *以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/600483/01_202011201410.pdf