ISID、JINSの新サービス「CLICK&GO」対応LINEミニアプリを構築

〜OMO時代のシームレスな顧客体験(UX)に向け、コンタクトポイントを強化〜

 

 株式会社電通国際情報サービス(本社:東京都港区、代表取締役社長:名和 亮一、以下 ISID)は、株式会社ジンズ(東京本社:東京都千代田区、代表取締役 CEO:田中仁、以下 JINS)が10月より開始した新サービス「CLICK&GO」において本日より提供開始されたLINEミニアプリを構築したことをお知らせします。

 LINEミニアプリは、ライフスタイルにおける様々なニーズに応えるサービスを、LINE上で提供するウェブアプリケーションです。LINEアプリ内で利用できるため、端末への追加ダウンロードが不要で、会員登録や支払い手段登録が少ないタップ数で実現できます。このことで、ユーザーの利用ハードルを下げることができ、快適なサービス体験の提供を可能とするものです。また、企業側もユーザーのLINEアカウントに紐づいた利用データを取得し、サービス改善やマーケティング施策に活用できるメリットがあります。

 この度ISIDが構築したLINEミニアプリは、JINSが10月より開始した、商品選びから決済までを事前に完了し、待ち時間なく店舗でメガネを受け取ることができる「CLICK&GO」のサービスをLINE上で提供できるウェブアプリケーションです。

 ISIDは、これまでJINS LINE公式アカウントやセンシング・アイウエア「JINSMEME(ジンズ・ミーム)」、スマートフォンで購入できるコンタクトレンズの自動販売機「TOUCH&COLLECT(タッチ アンド コレクト)」など独自のデジタルサービスの開発支援に加え、これらのマーケティング施策実行を支援する認証基盤やCRMなどデジタルサービス基盤の構築・運用も手掛けています。今回のLINEミニアプリ構築においても、企画段階からJINSとの綿密な連携のもと、顧客体験(UX)設計からシステム構築までの全プロセスを支援しました。また、ネイティブアプリ(※1)に近い操作性を実現するため、構築技術としてPWA(Progressive Web Apps)(※2)を採用しています。

 LINE株式会社 B2B 新規事業開発チーム 兼清 俊太郎氏は、次のように述べています。

 “LINEミニアプリは、ユーザーにとってはダウンロードの手間なく直ぐにLINE上でアクセスができ、企業にとってもネイティブアプリと比較して、少ない開発期間でサービスの提供が可能になります。今後も、OMO時代のシームレスな顧客体験を実現する手段として、「店頭でササっと利用」に強いLINEミニアプリをISIDと広げていきたいと考えています。”

 JINSでは今後のマーケティング戦略として、LINEミニアプリを利用するユーザーアカウントに紐づいた利用データを活用し、既にサービス提供されている「JINS」LINE公式アカウントを通じた各種施策への展開も計画しています。ISIDは今後も、LINEミニアプリ・LINE公式アカウントを顧客接点とした更なる進化を実現するビジネスパートナーとして、JINSの事業成長に貢献してまいります。

 *以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/600619/01_202011251140.pdf