NEC、ローカル5Gをサービス型で提供開始

〜SA型5Gネットワークを提供、幅広い産業との共創を加速〜

 

 NECは、企業や自治体などが自らの建物や敷地に自営の5Gネットワークを構築して利用する「ローカル5G」を月額料金で利用可能なサービスなど、企画、導入から運用まで様々な段階に合わせたサービスメニューを揃えて、本日から提供開始します。

 また5G基地局のラインナップに、実用免許の制度化が予定されているSub6(4.7GHz)帯域に対応したスタンドアローン(SA)型を追加し、超高速大容量、超低遅延、多数同時接続といった5Gの特徴を活かした多様なサービスを実現します。

 ローカル5Gは、産業や地域の個別ニーズに応じた柔軟なシステムを構築することができ、産業の競争力強化や社会課題の解決を始め、多様なニーズに用いられることが期待されています。一方、ローカル5Gを導入するためには、所管当局への無線局免許の申請手続きや電波特性を考慮したネットワーク設計、運用保守など多くの専門的な知見やノウハウが必要になります。

 このたびNECは、これまで培ってきた業種毎のノウハウとネットワークの強みを活かして最適なネットワークを提供するNEC Smart Connectivity(注1)のマルチコネクティビティのメニュー(注2)に、ローカル5Gを追加しました。

 「コンサルティングサービス」、「インテグレーションサービス」、「マネージドサービス」のメニューを用意し、お客様のユースケースに応じて最適な通信環境の構築と広範囲に渡りサポートを行います。

 とりわけ、「マネージドサービス」では、ローカル5Gネットワークの機器(コア、基地局など)から運用保守サービスまで含めて、月額100万円から提供します。

 さらに、NECの玉川事業場内で本年3月から運用しているお客様との共創施設「ローカル5Gラボ」において、実際にローカル5Gを体感し、お客様の機器と5Gネットワークを接続してユースケースの検証が可能です。

 NECは、有線から無線まで幅広いネットワークの構築および運用保守の経験で培ったノウハウを有しており、すでに製造、建設、流通、交通、公共といった様々な分野のパートナー企業・団体とローカル5Gを軸にした共創を進めています。デジタルトランスフォーメーションの推進はもとより、最先端の技術に基づく製品・サービスを組み合わせることで、ローカル5Gを活用した新たな価値を創出していきます。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/600700/01_202011261111.pdf