デル・テクノロジーズ、拡張性が高くハイパフォーマンスなオブジェクトストレージの新モデル「Dell EMC ECS EXF900」を発表

 

 デル・テクノロジーズ株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:大塚 俊彦、以下、デル・テクノロジーズ URL: https://www.delltechnologies.com/ja-jp/index.htm )は、拡張性が高くハイパフォーマンスなオブジェクトストレージの「Dell EMC ECS EX」シリーズに新たなアプライアンスモデルとなる「Dell EMC ECS EXF900」を追加したことを発表しました。

 これまでの概念では、高速なI/Oにはブロックストレージを、ネットワーク経由のアクセスにはファイルストレージを、低速で安価かつ大容量の場合はオブジェクトストレージを用いるべき、という考え方が一般的でした。昨今、この考え方が変化しつつあり、オブジェクトストレージ市場に進化をもたらしています。例えば、非構造化データの爆発的な増加とともに、オブジェクトベースのアプリケーション向けのハイパフォーマンスストレージの必要性が高まっています。お客様が、従来にはない拡張性や柔軟性、APIを活用するクラウドネイティブアーキテクチャーといったオブジェクトストレージのもたらすメリットを認識し、オールフラッシュ型記憶メディアがもたらすハイパフォーマンスと組み合わせることで、そのメリットが大容量のデータを必要とする処理に適していると認識し始めたことが背景にあります。

 「ECS EXF900」アプライアンスは、NVMeベースのSSDを搭載した「Dell EMC PowerEdge」サーバーとの組み合わせにより、極めて高速なパフォーマンスを、AI(人工知能)、機械学習、IoT、解析、クラウドネイティブアプリケーションといったモダンワークロードに提供します。NVMeOF(Non-Volatile Memory Express Over Fabrics)プロトコルを活用することで、特に大規模な構成において、バックエンドネットワーク経由で高速なノード間通信を実現し、オールフラッシュシステムが持つ真のポテンシャルを引き出します。特にデル・テクノロジーズが実施した最新のベンチマークテストの結果では、従来製品の同容量程度の「ECS EX300」アプライアンスと比較して、約21倍のデータスループット性能向上(*)ならびに1秒あたりのトランザクション数における約19倍の性能向上(**)という結果を得ることができました。

 「ECS EXF900」は、新たな可能性を切り開き、これまで以上にビジネスに必要とされる機敏性をお客様にもたらします。Cloud Solutions社 製品開発部門ディレクターのミカエル・ホルム氏は、以下の通りコメントしています。「私たちは、最新のオールフラッシュ『ECS EXF900』アプライアンスに、新たな用途を見出しています。NVMeドライブ搭載により、ECSクラスターからこれまで以上の性能を、解析処理の新たな取り組みに活用できるでしょう。私たちのビジネスに大きな貢献をしてくれるものと期待しています」。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/600708/01_202011261142.pdf