日本一健康なバス会社を目指すベイラインエクスプレスが運転士の走行中のデータを可視化する「MotionBoard」を導入

 不安全データマップで正確なデータに基づいた適切な教育をはかり安全品質を向上

 

 ウイングアーク1st株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼CEO:田中 潤)は、WILLER EXPRESSブランドの高速路線バス事業を展開するベイラインエクスプレス株式会社(以下、ベイラインエクスプレス)が、運転士の走行中のデータを可視化し、安全品質の向上を目指して、BIダッシュボード「MotionBoard Cloud for Salesforce(以下、MotionBoard)」を導入したことを、お知らせします。

【背景】

 安全品質の高い高速バス運行サービスを提供するベイラインエクスプレスは、「運転士の品質」と「運行管理の品質」の向上をはかるため、走行中のデータを取得し、客観的な評価指標から運行状況の可視化できる仕組みを構築し運用していました。具体的には、デジタルタコグラフ(運行記録用計器)などの機器から収集した走行中の、急旋回・急減速・速度超過・車線逸脱・眠気・バック動作などの不安全データをリアルタイムで取得し、事務所にアラートを流し、アラートが鳴ると運行管理者は即座に動画で状況確認を行うとともに、運転士に対して無線で注意喚起するものです。しかし、運用開始当初のアラートの数は、1車両につき400kmの運行で100数十回以上と頻繁に発生し、21車両分のデータを分析する集計作業に膨大な時間と手間がかかっていました。

 そこで不安全データを自動で集計し、データから運転士一人ひとりの特性を知り、運転士の正しい評価と運転技術の向上に向けた適切な教育をはかるシステムを検討しました。ベイラインエクスプレスでは、機器から取得した不安全データをSalesforceに集約しており、Salesforceとの親和性の高さを保ちつつ、地図上でも運行記録データを操作性良く見ることができる「MotionBoard」を2019年10月に導入しました。

 データから運転士の癖や特性を見出し、それを次の運行に活かすため、ダッシュボードのレイアウトにも検討が重ねられ、構築は日比谷コンピュータシステムが請け負いました。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/600713/01_202011261157.pdf