「Add-Value for 電子記録債権/手形管理」を「SAP(R)Cloud Platform」上で提供開始

〜「SAP S/4HANA(R)」の効率的な導入支援サービス「Add-Value」シリーズ〜

 

 SCSK株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役 社長執行役員 最高執行責任者 谷原 徹、以下 SCSK)は、SAPシステム標準の手形機能をベースに、「電子記録債権要件」と日本固有の「手形管理要件」を付加した「Add-Value for 電子記録債権/手形管理」サービスを、SAP社のインテリジェントエンタープライズ向けに構築された統合・拡張プラットフォームである「SAP Cloud Platform」上で2020年12月2日から提供開始します。

1.背景

 SCSKは1993年より25年以上にわたりSAPビジネスを担い、商社・製造業を中心に400社以上のお客様へSAPシステムの導入ならびに保守運用サービスを行ってきました。また、オンプレミス版の「Add-Value for 電子記録債権/手形管理」についても1997年から提供を開始し、今までに120社以上のお客様へ導入しています。

 昨今、企業ではデジタル変革の基盤を確立するため、ERPシステムの見直しが進んでおります。従来のERPシステムは肥大化・複雑化し、市場の変化に柔軟に対応することが困難になっているケースが散見されます。これからのERPシステムのあるべき姿は、デジタルコアに手を入れないシンプルなERPと、アドオンや拡張要件をERPと疎結合で連携させることにより、システムアップデートなど、将来発生するコストの最小化と変化への柔軟性を確保することが主流になっています。

 SCSKでは「SAP S/4HANA」標準機能の最大活用と、アドオンや拡張要件はSAPシステムとの親和性の高い「SAP Cloud Platform」を利用することを推奨しており、SAPジャパン株式会社の支援を得て、いち早く「SAP Cloud Platform」開発技術者の育成と開発標準の構築を行っています。これらの取り組みを経て、根強くニーズのある電子記録債権/手形管理要件への対応ソリューションとして「Add-Value for 電子記録債権/手形管理」の提供を開始しました。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/601085/01_202012021349.pdf