アクロニスの「Acronis Cyber Backup Cloud」がさくらインターネットに採用

 

 サイバープロテクション( https://www.acronis.com/ja-jp/business/cyber-protect/ )のグローバルリーダーであるアクロニス・ジャパン( https://www.acronis.com/ja-jp/ )株式会社(本社: 東京都港区、代表取締役社長:嘉規 邦伸、以下アクロニス)は本日、サービスプロバイダー向けクラウドバックアップサービスプラットフォームである「Acronis Cyber Backup Cloud」( https://www.acronis.com/ja-jp/cloud/service-provider/backup/ )が、さくらインターネット株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:田中 邦裕、以下さくらインターネット)に採用されたことを発表します。これにより、さくらインターネットは、さくらのクラウドにおいて、12月10日より、バックアップサービス「Acronis Cyber Backup Cloud」の提供を開始します。

 Acronis Cyber Backup Cloud( https://www.acronis.com/ja-jp/cloud/service-provider/backup/ )は、サービスプロバイダー向けの実績豊富なクラウドバックアップサービスプラットフォームです。時間や場所に関係なく、20を超えるプラットフォームを高速に保護します。物理・仮想・クラウド環境を保護し、初期投資ゼロで使った分だけを支払う従量課金モデルによって早期のサービス提供と拡販を実現します。

 現在、コロナ・ショック後のニューノーマルの働き方として、テレワークを導入する企業が急増し、企業におけるデジタルトランスフォーメーション(DX)が進む中、これまで以上にデータのバックアップに対するニーズも高まっています。そのような環境下において、ビジネスにはデータの消失というリスクが常に潜んでおり、それによる損失は、企業単体だけでなく、業界全体や社会に対しても大きな影響を及ぼします。さくらインターネットは、このような背景から、マーケットプレイスで取り扱うソリューションとして、バックアップサービスを拡充することにしました。

 Acronis Cyber Backup Cloud( https://www.acronis.com/ja-jp/cloud/service-provider/backup/ )は、管理サーバーやゲートウェイサーバーの構築なしで、クラウドストレージにバックアップができる点や簡単に操作できるシンプルな管理画面が評価され、採用されました。また、API連携可能なコンポーネントが用意されているため、自社のサービスとの連携が可能であることも高い評価を受けました。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/601138/01_202012031205.pdf