オラクル、MySQL Database Service向け、高性能な統合分析エンジンを新たに提供開始

 Oracle Cloud Infrastructure(OCI)のお客様は高度な分析を、オンライン・トランザクション処理を行っているMySQLデータベースで直接実行可能になり、複雑でコストのかかる分析データベースへのデータ連携が不要に

 MySQL Analytics Engineは数千個のOCIのCPUコアに自動的にスケールアウトするインメモリの分析アクセラレータで、Amazon Redshiftの2倍以上の速度と最大で約3分の1の価格を実現

 オペレーションとアナリティクスを統合したMySQLサービスによって、OCIはMySQLアプリケーションの構築と実行に最適なプラットフォームを提供

  「カリフォルニア州 レッドウッドショアズ」発-2020/12/03

 

 【本資料は米国2020年12月2日にオラクル・コーポレーションより発表されたプレスリリースの抄訳です。】

 オラクルは本日、「MySQL Analytics Engine」を統合した「Oracle MySQL Database Service」の提供を開始することを発表しました。このサービスは「Oracle Cloud Infrastructure(OCI)」に最適化された専用サービスとして提供されます。Online Transaction Processing (OLTP)とOnline Analytics Processing(OLAP)の両方のワークロードを単一の統合プラットフォームで提供する唯一のMySQLサービスであり、最新のアプリケーションの構築と実行をより高速かつ安全に行うことができます。「MySQL Analytics Engine」は、オラクルのMySQLエンジニアリング・チームがOracle Labsと協働で「Oracle MySQL Database Service」向けに開発した、数千規模のCPUコアやリアルタイム分析に対応するインメモリの新たな分析アクセラレータで、Amazon Redshiftの2倍以上の速度と最大で約3分の1の価格を実現します(*)。

 *オラクル調べ

 MySQLは、地球上で最も人気のあるデータベース1として認知されており、世界最大のソーシャルネットワーク、eコマース企業、銀行、および革新的なメーカーやハイテク企業によって使用されています。MySQLデータベースはOLTPに一般的に使用されますが、ほとんどのお客様企業で、MySQLデータベースに格納されているデータに対して分析を実行する必要性があります。今日まで、お客様は別の分析専用のデータベースにデータをETL処理(extract,transform,load:抽出・変換・格納)をする必要がありましたが、これはパフォーマンス、セキュリティ、およびデータ品質を低下させ、新しいアプリケーションの展開を遅らせ、コストもかかる複雑なプロセスとなっていました。

 「MySQL Analytics Engine」搭載の「Oracle MySQL Database Service」は、分析およびOLTP用のフルマネージドのスケールアウト型のサービスで、現在一般に提供されているサービスで唯一、お客様企業がOLTPとOLAPのワークロードを自社のMySQLデータベースから直接実行することが可能です。ユーザーがサービスを起動すると、MySQLデータベースのデータが分析エンジンのメモリに展開されるため、データを分析専用の特殊なデータベースへETL処理することが不要になります。このサービスは、MySQLと互換のあるツールやアプリケーションとシームレスに連携し、クエリを「MySQL Analytics Engine」に自動的にルーティングして、パフォーマンスを劇的に向上させます。MySQLデータベースへの変更はすべて、リアルタイムで分析エンジンに自動的に入力されます。このサービスは、アプリケーション開発の簡素化、時間短縮、リアルタイム・クエリ、コスト削減、そしてセキュリティの向上を実現します。新サービスは「Oracle Cloud」の全ての商用リージョンで利用可能で、「Oracle Dedicated Region Cloud@Customer」でも提供予定です。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/601174/01_202012031556.pdf