NEC、インド チェンナイとアンダマン・ニコバル諸島を結ぶ2,300kmの光海底ケーブルの建設を完了

 

 NECは、NEC Corporation India(注1)を通じて2018年7月に供給契約を締結した、インドのチェンナイとアンダマン・ニコバル諸島を結ぶ大容量光海底ケーブルの建設を完了し、インド国営通信キャリアであるBharat Sanchar Nigam Ltd.(BSNL、バラート・サンチャル・ニガム、注2)に引き渡しました。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

 本光海底ケーブルシステムは、チェンナイとアンダマン・ニコバル諸島のポートブレアほか7地点を結び、総延長距離は約2,300km、毎秒100ギガビット(100Gbps)の最新の光波長多重伝送方式が採用されています。

 本ケーブルの敷設により、アンダマン・ニコバル諸島の通信環境は飛躍的に向上するとともに、電子政府や電子商取引の推進、教育の電子化など、インド政府によるデジタル・インディア政策にも貢献します。

 NECは、過去50年以上にわたり海底ケーブルシステム事業を手掛ける海底ケーブルのトップベンダーです。地球7.5周分のべ30万kmを超える敷設実績があり、特に日本を含むアジア・太平洋地域で強みを有しています。また、陸上に設置する光伝送端局装置・光海底中継器・光海底ケーブルなどの製造、海洋調査とルート設計、光海底ケーブルシステムの据付・敷設工事、訓練から引渡試験まで、全てをシステムインテグレータとして提供しています。なお、日本で唯一、深海8,000メートルの水圧に耐えられる光海底ケーブルを製造可能なNECの子会社である株式会社OCC(注3)が、本ケーブルの製造を担当しています。

以上

 (注1)本社:インド・ニューデリー、President & CEO:Aalok Kumar

 (注2)本社:インド・ニューデリー、Chairman & Managing Director:Shri Pravin Kumar Purwar

 (注3)本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:伊藤友一

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach/602043/01_202012181020.png