インフォマティカ、カスタマーエクスペリエンスの変革を支援するクラウドネイティブなソリューション「Customer 360 SaaS」を発表

 業界初となる「オールインワン」のマスターデータ管理をエンタープライズ規模で実現

 

 インフォマティカ( https://www.informatica.com/jp/ )(本社:米国カリフォルニア州レッドウッドシティ、以下インフォマティカ)は本日、業界初となるエンタープライズ規模のクラウドネイティブソリューション「Customer 360 SaaS( https://www.informatica.com/jp/products/master-data-management/customer-360.html )」を発表しました。カスタマーエクスペリエンスに変革をもたらすこのソリューションは、デジタルファースト、クラウド中心となるポストコロナ時代に、カスタマーエクスペリエンスの提供方法を企業が再考して新たなかたちで展開できるよう設計されています。

 「Informatica Intelligent Cloud Services( https://www.informatica.com/jp/products/cloud-integration.html )」(IICS)プラットフォーム上に構築された新しい「Customer 360」は、シームレスな接続性、データ統合、プロセスオーケストレーション、データ品質、参照データ管理、マスターデータ管理を単一のソリューションで実現する、世界初とSMDMなるエンタープライズ規模のクラウドネイティブかつエンドツーエンドのマスターデータ管理SaaSソリューションです。本日の発表は、企業がクラウドで顧客データ管理ソリューションを活用し、提供するカスタマーエクスペリエンスを根本から変革する大きな一歩となります。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/603193/01_202101151200.pdf